送電、配電および蓄電

電力消費の増加や業界標準の高度化により、エネルギーフローの最適化が求められています。

早く自宅に帰りたいのに、夕方のラッシュアワーに巻き込まれた。そんな場面を想像してみてください。道路は渋滞中でナビゲーションは役に立たず、通勤電車は遅れている――。電気を家庭や工場に安定して確実に届ける上での課題は、まさにラッシュ時の状況にたとえられます。柔軟性と信頼性が、効果的な送配電システムにおいて重要になります。米国エネルギー情報局(EIA)の推計によると、送配電の損失は、2015年から2019年に米国で送配電された電力の約5%に達していました。

特に発電場所が消費地から離れている場合には、安定性と電力損失の削減が大きな役割を果たします。インフィニオンは、適切で安定した長距離送電や短距離配電のシステムを可能にします。どちらも、損失がない電力需給システムを均衡させるために欠かせないものです。

How Infineon semiconductors enable efficient energy flow and stable supply at reduced losses

再生可能エネルギーへの移行を管理

風力や太陽光などの天然資源を利用した発電では、インテリジェントな蓄電システムが新たなエネルギー時代を支える柱になります。分散的な再生可能エネルギー発電の展開を進め、最終的には多様な産業の脱炭素化を支援するために、蓄電システムは欠かせません。

発電、送電、電源管理においてインフィニオンの専門知識は、効率、性能、イノベーションといった点で蓄電ソリューションのさらなる発展を促します。蓄電が必要となる理由は、発電の分散化と、電力の生産、消費のピークシェイビングにあります。容量上限の設定、電力網の柔軟性の確保、化石燃料発電所での固定費の削減なども、蓄電システムの成功につながる要因です。インフィニオンのソリューションより、こうした課題に対処して先進的な蓄電ソリューションを実現します。

蓄電システム

送電および配電