#MakeIoTwork ポッドキャスト

インフィニオンのIoTの世界を体験しよう

デジタル化は現在、世界中で想像を絶する勢いで進んでいます。スマートで接続されたモノは、現実とデジタルの世界を結びつけ、気候変動や世界人口の増加など、現代の大きな課題への取り組みを支援します。インテリジェントなデバイスは、仕事でもプライベートでも、多くの人々の日常生活の一部となっています。モノのインターネットは、デジタル化の可能性を最大限に活用するための技術的基盤となります。IoTの可能性はよく知られており、議論の余地はありません。しかし、実際にはどのように導入すればよいのでしょうか。人々や企業はどのようにしてIoTの恩恵を受けることができるのでしょうか。このポッドキャスト シリーズでは、インフィニオンの専門家をはじめ、パートナーやユーザー企業の方々と、IoTをどうやって実現するかについて議論します。ポッドキャストの音声は英語ですが、日本語訳トランスクリプト ページも掲載していますのであわせてご利用ください。 

7. スマート デバイスが市場を制する: スマートウォッチやリストバンド型デバイスを次のレベルへ

今日かつてないほどにインターネットに接続されている消費者は、なによりも便利さを求めています。たとえば、デバイスやスクリーンを切り替えることなく簡単かつ直感的に、自分の好みのエンターテインメントや有益な情報にアクセスできることを求めています。その答えは意外にもシンプルで、ウェアラブルです。しかしながら、今日のウェアラブル デザインには、エンジニアが直面するさまざまな課題があります。
この新しいエピソードでは、Verena Lackner (ヴェレナ ラックナー) とMarcel Konstantinov (マルセル コンスタンチノフ) が、スマート デバイスがどのようにして市場を制覇するのか、また、マイクロエレクトロニクスがどのようにデバイスを音声操作アシスタントやデジタルウォレット、ヘルストラッカーに変えるのかを説明します。

トランスクリプト (英語) をみる

ウェアラブルのより詳しい情報は こちら をご覧ください。

6. Sense of IoT - 人間の感覚を「モノ」に与えて生活を便利にする

センサーは、IoTデバイスをよりスマートにし、「モノ」に「見る」「聞く」「感じる」「嗅ぐ」機能を与え、その結果周囲の環境を理解することができるようになります。人間の本質にインスパイアされたインフィニオンの直観的なセンシング ソリューションは、私たちとデバイスとのインタラクションから複雑さを取り除き、デバイスの効率を高めるように設計されています。インフィニオンは、さまざまなセンサーと最先端のソフトウェアを提供し、私たちを取り巻く世界の包括的な画像を作成します。これは「コンテキスト アウェアネス (文脈認識)」として知られています。本エピソードでは、インフィニオンのシニア ヴァイス プレジデント兼ジェネラル マネージャーであるPhilipp Schierstaedt (フィリップ シファーシュタット) に、センサーがどのようにしてあらゆるIoTシステムの出発点となり、「モノ」に人間の感覚を与えるのかについて聞いています。

トランスクリプト (英語) をみる

コンテキスト アウェアネスの詳細は「Inspiring mobile business」のウェブページをご覧ください。また、インフィニオンの XENSIV™センサー ポートフォリオ に関する詳細は こちら をご覧ください。

5. インフィニオンの新しいModusToolbox™ Machine LearningがいかにAIoTを実現するか

「エッジで生成されたすべてのデータを分析し機械学習用にクラウドに転送するだけという当初のパラダイムでは、プライバシーや信頼性、レイテンシーという3つの基本的な障壁がありました。これらのアルゴリズムをエッジで効率的に実行することで、この障壁を取り除き、AIoT製品をより迅速に拡張することができます」と、本エピソードのゲストであるSree Harsha Angara (スリー ハーシャ アンガラ) は話しています。

本エピソードでは次について解説します。

  • AIoTとマシンラーニングの開発について
  • 基本的な障壁と課題について
  • 新しいModusToolbox™ MLがどのような役割を果たすのか

トランスクリプト (英語) をみる

ModusToolbox™ MLをさらに詳しく理解いただくためにウェビナーを開催します。7月22日 (木) 9:00 AM (PDT) / 12:00 PM (EDT) 開催予定の「Unlocking AI for IoT Devices with ModusToolbox™ Machine Learning」 の 事前登録はこちらから

4. IoTの心臓部と中枢部

「つながり続ける、オンラインである」というニーズは、贅沢な問題として認識されていたものから、基本的な必要性へと変化しました。社会的な距離が縮まっている時代に、デジタル化がスマートIoTデバイスを使って人々を結びつけます。本エピソードでは、インフィニオンのIoT Compute and Wireless事業部のシニア ヴァイス プレジデントであるVikram Gupta (ヴィクラム グプタ) が、「IoTの心臓部と中枢部」が意味するものとはなんなのかを解説しています。

  • 信頼性の高いシームレスな接続ソリューション
  • IoT用マイクロコントローラー

 

日本語トランスクリプトをみる

Make IoT Workを可能にする 無線ソリューション および マイクロコントローラー の詳細



3. 周囲の状況を「聞く」「見る」、そしてそれに応じて行動するビルとは: サイエンス フィクションか現実か?

本エピソードでは、インフィニオンのJulia Fichte (ジュリア フィヒテ) とManuel Hollfelder (マニュエル ホルフェルダー )が、スマート ビルディングが、テナントや居住者、労働者、そして運営者にとってどんな関連性と利点があるのかについて、以下のポイントで解説します。

  • ビルをスマートにする技術とは
  • 予知保全 (Predictive Maintenace) は、どのようにして故障やコストを削減し、寿命を20%延ばすことができるのか
  • エコシステムを構成するすべてのステークホルダーとの連携がなぜ重要なのか

 

日本語トランスクリプトをみる

最新 XENSIV™ Predictive Maintenance Kit の詳細

インフィニオン エキスパートとのライブ体験に興味ありますか? Virtual Sensor Experience 2021 で5月20日10:00 (CET) にManuelとJuliaが実施する「Partner up: Enabling predictive maintenance in HVAC Systems」をご覧ください。



2. スマートホーム革命の到来! ― そしてインフィニオンがその革命をいかに支援するのか

第2話のゲストは、インフィニオンのDistinguished Engineerであり、IoTのパイオニアでもあるSteve Hannaです。彼が率いるセキュリティ チームが取り組んでいるMatterプロジェクトについて紹介し、次の3つについて解説します。

  • Matterプロジェクトとは
  • このプロジェクトにおけるインフィニオンの役割と、消費者やメーカーにどのようなメリットがあるのか
  • 最初のデバイスのリリース時期は

日本語トランスクリプトをみる

Matterプロジェクトに関する詳細



1. インフィニオンのIoTの世界へようこそ ― 新しい #MakeIoTwork ポッドキャストへようこそ

最初のゲストは、インフィニオンのコネクテッド セキュア システムズ部門を率いるThomas Rosteck (トーマス ロステック) です。本エピソードでは、ThomasがIoTを実現するために必要な必須のビルディング ブロックを紹介しながら、次の3つについて解説します。

  • IoTの新機能とは、その意味とは、最新アップデートとは
  • 大手企業、新興企業を問わず、企業がIoTに取り組む際に直面する課題とは
  • IoTがもたらす可能性を半導体企業としてどのようにサポートしていくのか

 

日本語トランスクリプトをみる

IoTセキュリティに関する詳細