日本法人概要

私たちは、インフィニオン半導体デバイスの日本市場における営業活動を担当しています。


当社は1980年2月1日、「富士エレクトロニックコンポーネンツ株式会社」として設立されました。1996年10月1日、社名を「シーメンスコンポーネンツ株式会社」と変更いたしました。さらに、 インフィニオン テクノロジーズ本社の100%子会社となったことにともない、1999年9月1日から社名を「インフィニオン テクノロジーズ ジャパン株式会社」と変更いたしました。

 

インフィニオン テクノロジーズ ジャパン株式会社

英語表記:Infineon Technologies Japan K.K.

  • 本社所在地:〒141-0032 東京都品川区大崎1-11-2 ゲートシティ大崎イーストタワー21F

  • 名古屋営業所:〒450-6324愛知県名古屋市中村区名駅一丁目1番1号 JPタワー名古屋24F

  • 大阪営業所:〒530-0003 大阪市北区堂島2-2-2 近鉄堂島ビル16F

  • 設立 1980年2月1日

  • 事業目的 電子デバイスの販売および一切の関連業務

  • 主な取扱製品

    • 自動車電装デバイス (車載LAN、パワー半導体、センサ、無線制御など)

    • 産業用半導体デバイス (MOSFET、IGBT、ダイオード、電源IC、個別半導体など)

    • チップカードIC およびセキュリティ関連デバイス

  • 資本金 120,000,000円

  • 決算期 9月30日

  • 役員

代表取締役社長

森康明

 

  • 従業員 169名(2016年1月現在)

  • 株主 インフィニオンテクノロジーズホールディングB.V.(100%)