テーマテーマ

インダストリー4.0

第4次産業革命、すなわちインダストリー4.0は、工業生産プロセスの包括的なデジタル化を意味しています。言い換えれば、機械による製品の生産は、デジタル情報や通信技術にますます密接に関連するようになっています。その結果として、人間や機械による作業および関連する物流活動は、1つの生産段階だけではなく、バリューチェーン全体を最適化するように調整できます。

効率的な生産プロセスが歓迎される一方で、従業員は疑問を抱いています。インダストリー4.0は、労働市場にどのような影響を与えるのでしょうか。そして、ロボット自体はどうでしょうか。映画や小説に出てくる人間型の機械は、今日の現実社会でどのような役割を果たすのでしょうか。「ディスカバリー」では、その答えを提示します。