人にやさしいエネルギー
未来のための技術革新

住まいやオフィス、公共施設や商業施設、交通や工場など、エネルギー は毎日の生活にかかせません。現在、世界のエネルギー部門は世界の温 室効果ガス排出量の3分の2を占めています。2030年には、地球の人口は 85億人に達します。すべての人がエネルギーを利用できるようになり、 世界経済は成長を続けています。そして、エネルギー需要も高まるで しょう。

2050年までのネット ゼロ達成を含め、気候保護目標を達成するために は、強力なソリューションが必要です。この課題を克服する鍵になるの がクリーンで効率的な技術です。こうした技術により、エネルギー変換 チェーン全体において世界のエネルギー効率を向上させることができま す。特に半導体は、発電、送電、電力の貯蔵や消費に関わる技術に不可 欠な要素です。半導体は、インテリジェントで効率的なエネルギー利用 を実現します。

インフィニオンは、世界エネルギー会議の Humanising Energy セッ ションに参加し、エネルギーの人間に関わる側面や、人間による技術革 新を通じて変化を生みだす方法を紹介しました。

この動画では、インフィニオンの2人が、持続可能性に対するビジョンや 自分自身の取り組み、マイクロエレクトロニクスが果たす重要な役割に ついて、語っています。

まだ間に合うのでしょうか?

アンドレアス ウルシッツ (Andreas Urschitz)
パワー&センサー システムズ事業部 プレジデント

「インフィニオンに入社した21歳のときに気づき始めたこと のひとつは、半導体技術がもつ大きな可能性であり、半導体 を使ってエネルギー効率を実現し、資源不足を効果的に解決 できるかもしれないことです。インフィニオンは、エネル ギー効率に革新を起こすリーダーです。ひとつには、再生可 能エネルギーを生みだすための半導体を作れます。加えて、 エネルギー効率が高い半導体の製造を通じて、消費電力を節 減できます」

ネガール スーフィ アムラシ (Negar Soufi Amlashi)
シニア バイス プレジデント兼プロダクト ライン ヘッド

「現代の大きな課題のひとつは、気候変動と地球環境の保護 です。インフィニオンには、エネルギー効率に優れた製品や ソリューションを開発してきたDNAがあります。こうした製 品は脱炭素化に貢献し、より便利で安全、環境にやさしい暮 らしを実現します。インフィニオンは、人間の髪の4分の1ほ どの厚さのチップを作っています。半導体から発生する熱が 少なければ、つまり効率性が高ければ、冷却する必要も減り ます。効率が高まるほど、二酸化炭素排出量の削減につなが り、地球を守れるのです」

インフィニオンの製品は、5400万トン以上のCO2純排出量の削減に貢献しています。
私たちは、2030年までのカーボンニュートラル達成を目指しています。

エネルギー効率を高めるユースケース