企業倫理

倫理的なビジネスを行い、ステークホルダーの持続可能かつ責任あるパートナーであり続けるためには、組織の内外にあるリスクに目を向ける必要があります。

株主、ビジネスパートナー、従業員、および一般社会に対し、私たちは誠実な姿勢で臨みます。 したがってインフィニオンは、世界人権宣言に則って互いの尊厳を尊重し、安全な職場条件を築き、環境に責任を持つ努力を象徴する、ある規範や倫理的要件のもとで活動します。

コーポレート ガバナンス

インフィニオンにおけるコーポレートガバナンスの概念は全社に適用されます。 良いコーポレートガバナンスは、信頼と尊敬に基づいて企業の成功を確かなものとします。 コーポレートガバナンスとは、企業のあらゆる価値観、作業および目標を包括する、統合的かつ全体的な取り組みであると考えます。 コーポレートガバナンスには、内部統制のための規範や、競争的環境における企業倫理の指針が含まれます。

インフィニオン取締役会についての詳細。 詳細について

業務指針

一般に対する会社の印象の大部分は、私たち、その各従業員の振る舞いによって決まります。 すべての従業員が、世界中で私たちの会社が企業の社会的責任を果たすようにする責任を共有しています。 インフィニオンの業務指針は、倫理的原則を反映しており、日常業務の基本的原則です。

この倫理的責任には賄賂、汚職、政治献金やビジネスの透明性に関するポリシーも含まれます。これは世界中すべての従業員に適用され、従業員同士、お客様、株主、ビジネスパートナー、一般の人々を相手にする場合すべてを含みます。続きを読む

コンプライアンスに関する懸念の報告

すべての従業員、ビジネスパートナー、お客様、および他のステークホルダーは、国内の規制や社内指針への違反の可能性があることを報告したい場合には、こちらのポータルから記名または匿名で報告することができます。

私たちの通報用ポータルは、従業員、サプライヤー、お客様および他の第三者が利用でき、英語に加えて現地語も考慮しています。 匿名の報告は機密的に扱われ、報復禁止ポリシーの対象となります。 続きを読む

グローバル コンパクト

人権、労働、環境、汚職防止の分野におけるグローバル・コンパクトの10原則は、「世界人権宣言」、「労働における基本的原則及び権利に関するILO宣言」、「環境と開発に関するリオ宣言」、および「国際連合腐敗防止条約」に基づいています。

インフィニオンは2004年に国連グローバル コンパクトに加入したため、そのCSR戦略は国連グローバル コンパクトの10原則に沿ったものとなっています。 インフィニオンの国連COP(活動報告)をご覧ください

購買原則

インフィニオンは、国際法および現地法を遵守し、異なる文化的慣行を尊重します。 私たちのサプライヤーも同様にし、また国連グローバル コンパクト構想の原則に則るものとしています。 私たちは、人権や環境の持続可能性に関する日常業務の課題を対象とする倫理的および法的要件についてサプライヤーに知らせるため、業務指針に沿って2013年に新しい購買原則を設定しました。 私たちのサプライヤーやサービス提供者はこれらの要件に準拠し、この原則に対するコンプライアンスを監視します。

“California Transparency in Supply Chains Act” of 2010 and the “United Kingdom Modern Slavery Act”

国連グローバル・コンパクトへのコミットメントに反映されているように、私たちは、個人的な尊厳、プライバシー、および文化的習慣に対する権利を含む、国際的に宣言された人権を尊重し、遵守します。 私たちのビジネス行動指針および購入原則に示されているように、私たちは直接である否か、利益の有無、または黙示による共謀の形であるか否かに関わらず、いかなる人権侵害を許容しません。そして、我々はいかなる強制労働に反対します。私たちはいかなる形態であろうと人身売買と奴隷制度にも厳しく反対します。

 

2010年にカリフォルニア州で成立したサプライチェーンの透明性に関する法律“California Transparency in Supply Chains Act”と 2015年に英国で成立した現代の奴隷制度に関する法律“United Kingdom Modern Slavery Act”では、特定の企業に対してサプライチェーンにおける奴隷制度と人身売買の問題に取り組むための努力について、開示することを求めています。 この開示は、消費者が購入する製品とサービスそして彼らがサポートする企業についてより良い選択をする可能性を提供することを目的としています。

もっと読む