インフィニオンとデルファイがAUTOSAR準拠の新しいセントラル・ボディ・モジュール向けプラットフォームの開発で提携へ

2008/01/09 | テクノロジー メディア

ノイビーベルク(ドイツ)

独インフィニオンテクノロジーズは本日、自動車システムメーカー、デルファイ・コーポレーション(Delphi Corporation、以下デルファイ)との戦略技術提携を発表しました。イ ンフィニオンとデルファイは、車載用ソフトウェアの標準化団体AUTOSAR(AUTomotive Open System ARchitecture)の 仕様に準拠した新世代のボディ制御ユニットの開発で緊密に協業することで合意しました。

共同開発では、デルファイが包括的なシステムおよびソフトウェア・ノウハウやボディ・エレクトロニクス分野における長年の経験で貢献し、イ ンフィニオンが車載用マイクロコントローラのノウハウを提供します。最適な機能とコストと信頼性など自動車分野の従来からの要件のほか、柔軟性や互換性、リアルタイム性能に重点が置かれます。デ ルファイとインフィニオンは今回の協業を、AUTOSARを自動車電装(オートモーティブ・エレクトロニクス)に導入する取り組みにおける大きなマイルストーンとみなしており、両社ともボディ・エ レクトロニクス用制御ユニットのハードウェアおよびソフトウェア・コンポーネントのさらなる最適化を可能にする貴重な知見を獲得したいと考えています。

この共同開発プロジェクトはインフィニオンのXC2200ファミリのマイクロコントローラをベースとするものです。イ ンフィニオンのマイクロコントローラ事業ユニット担当シニアバイスプレジデント兼ジェネラルマネージャ、ヨッヘン・ヘイネベック(Jochen Hanebeck)は次のように述べています。「 インフィニオンの32ビットの性能をもつXC2200ファミリは、ボディアプリケーションのニーズに対応できるように設計されています。当社はまた、MCAL(マイクロコントローラ抽象化層)向 けのローレベルのAUTOSAR仕様ソフトウェアドライバも供給します。これによりデルファイは制御ユニット・レベルでAUTOSAR準拠の開発プロセスをフル活用できます」

XC2200マイクロコントローラは、ローエンドからハイエンドにおよぶ拡張性と互換性を備えているため、システムメーカーはボディアプリケーションの大半を、一つのハードウェア/ソフトウェア・ア ーキテクチャでカバーできます。「機能やメモリ、ペリフェラルといった従来の拡張性だけでなく、XC2200ファミリは初めて、各種のパッケージ間の拡張性も備えました。シ ステムメーカーはECUプラットフォームを広範囲の要件に正確に対応させることができます」とヘイネベックは述べています。

デルファイはAUTOSAR標準コア用の基本ソフトウェア(BSW)モジュールを提供してパートナーシップを支えます。デルファイは長年の経験をもとに、AUTOSAR標準コア向けに通信管理( CAN、LINバス)やメモリ管理、I/Oハードウェア抽象化など各種のBSWモジュールを開発した実績があります。デルファイは、Automotive SPICEに定義されている実績ある効率的なプロセスを採用することで、開発するソフトウェアモジュールの品質を保証します。AUTOSAR互換制御ユニットの効率的な構成・統合を行うための必須条件の一つは、統 合ツール・チェーンが整っていることです。デルファイはAUTOSAR関連の取り組みの一環として、AUTOSAR互換制御ユニットの構成・統合を、ツールを活用して自動実行するための戦略を策定しています。

デルファイとインフィニオンは、自動車電装の複雑化への効果的な対応がますます重要性を増しているとの見解を共有しています。また両社は、個 別の共同開発プロジェクトがAUTOSARの趣旨にかなうとの考えで一致しています。車載用ソフトウェアの標準化推進の組織であるAUTOSARは、確固たるグローバル・パ ートナーシップ/プラットフォームを提供しています。ヘイネベックは次のように述べています。「自動車メーカーからシステムサプライヤ、インテグレータ、部品メーカーにいたるまで、バ リューチェーンを構成するすべての企業は、システム全体のために、堅牢で欠陥がなく耐障害性に優れ、そして何よりも革新的なソリューションを開発すべく緊密に連携しなければなりません。そのためには、新 規開発プロジェクトに初期段階から参画し、低価格のソリューションを開発するためにシステムの構成を再定義することが必要なのです」

関連情報
AUTOSARに関する情報: www.autosar.org
インフィニオンの自動車電装製品ポートフォリオに関する情報: www.infineon.com/automotive
インフィニオンのXC2200マイクロコントローラに関する情報: www.infineon.com/xc2200

インフィニオンについて

インフィニオンテクノロジーズ(Infineon Technologies AG)は、ドイツのノイビーベルクに本社を置き、エネルギー効率、通信、安 全性とセキュリティという現代社会が抱える3つの大きな課題に対応する半導体およびシステムソリューションを提供しています。2007会計年度(9月決算)の売上高は77億ユーロ( キマンダの売上高36億ユーロを含む)、従業員は世界全体で約4万3,000人(キマンダの従業員約1万3,500人を含む)でした。インフィニオンは世界的に事業を展開しており、米 国ではカリフォルニア州ミルピタス、アジア太平洋地域ではシンガポール、そして日本では東京の各子会社を拠点として活動しています。インフィニオンは、フ ランクフルトとニューヨークの証券取引所に株式上場されています。インフィニオンについての情報は次のURLをご参照ください。
本社サイト: http://www.infineon.com
日本法人サイト: http://www.infineon.com/jp

Information Number

INFAIM200801-030