インフィニオンが、チップカードIC分野で首位を堅持

優れたセキュリティ技術により、10年連続の首位

2007/09/10 | ビジネス&フィナンシャルプレス

2007年9月10日、ノイビーベルク(ドイツ) -  独インフィニオンテクノロジーズは、2006年のカードアプリケーション向けIC分野において、市 場シェア世界第一位の地位を堅持しました。米国の市場調査会社Frost & Sullivanは、最近発表した「Global Smart Card IC Study(世界のスマートカードIC調査) 」の中で、インフィニオンが市場において首位であったことを正式に発表しました。同社の調査によると、インフィニオンの2006年の市場シェアは、チップカードIC市場全体の29.1パーセントで、金 額にして19億米ドルに相当します。これによりインフィニオンは、市場シェア第一位の座を10年連続で維持したことになります。Frost & Sullivanはまた、I Cカード向けセキュリティマイクロコントローラの出荷個数においても、インフィニオンが世界第1位であると発表しました。マイクロコントローラ市場全体の出荷数量30億6,000万個のうち、イ ンフィニオンは27.5パーセント以上にあたる8億4,400万個を出荷しました。

 Frost & SullivanのAnoop Ubhey氏(Global Programme Director, Smart Cards ICT)は、「 インフィニオンは過去10年間、スマートカード分野において重要な役割を担ってきました。業界が厳しい環境にあるときも、イ ンフィニオンは豊富な製品ラインナップと幅広い顧客ベースで多様なアプリケーションに対応し、常にリーダーとしての地位を維持してきました。そして今日、インフィニオンはそのセキュリティ技術に対し、極 めて高い評価を受けています」と述べました。

非接触、ID、決済など、成長の著しいチップカード分野で力を発揮
さらにFrost & Sullivanは、現在のスマートカード市場のいくつかの成長分野において、インフィニオンがトップの地位を確立していることを明らかにしました。そ れら成長分野には接触型および非接触型インターフェースが含まれますが、業界は非接触型インターフェースに向かう傾向にあります。Frost & Sullivanは、今 後数年間で非接触ICカードの市場は、年平均34パーセント程度成長すると予測しています。非接触型インターフェース分野では、インフィニオンは「Mifare®」シ リーズのラインナップをマイクロコントローラまで拡充しており、現在のところすべての非接触ICカードの規格(Mifare、ISO/IEC14443 Type B/ Type A、FeliCa® )に 対応できる唯一の非接触ICのプロバイダとなっています。インフィニオンは、クレジットカードやペイメントカードなどの決済分野における、セキュリティチップのトップサプライヤです。また、イ ンフィニオンは電子パスポートの身分証明や、スマートカードの個人認証など、セキュリティレベルの高いアプリケーションにおいても力を発揮しています。

「旅券にセキュリティチップが内蔵されることにより、安全性の高いハードウェアをベースとしたソリューションに対する需要は増加しています。ハードウェアベースのセキュリティは、こ の市場に参入する上で欠かせませんが、特に個人認証や決済などの新しいアプリケーションとなればなおさらです。」とインフィニオンのヘルムート・ガッセル(チップカード&セキュリティIC事業ユニット、バ イスプレジデント兼ゼネラルマネージャ)は述べています。ガッセルによると、インフィニオンは2007年に政府系のIDカードプロジェクト向けに約7,000万個のチップを供給しました。そ のうちいくつかのプロジェクトでは、大量発行が始まったばかりです。インフィニオンは現在、政府系IDカード分野全体(中国のIDカードプロジェクトを除く)のほぼ50パーセント程度を出荷しており、そ のうちの35パーセントは電子パスポート分野だと、ガッセルは推測しています。

また、インフィニオンが力を発揮している主な成長市場分野には、ハイエンドなSIMカードを利用した携帯電話があります。中 期的に数メガバイトあるいは数十メガバイトのメモリスペースを提供できる大容量のSIMカードを含め、この分野はモバイルテレビ、NFC(Near Field Communication)に 向け極めて重要な意味を持ちます。数メガバイトの大メモリ容量は、高機能なアドレス帳、モバイルテレビ、音声やビデオの複合化・暗号化用のキー・ストレージ、ネ ットワークオペレータの定義するスマートカードウェブサーバへのアクセス、NFCアプリケーションなどに欠かせません。

「インフィニオンは、ニーズに合わせたセキュリティという戦略を追求し、すべてのお客様のアプリケーションに対し最適なセキュリティレベルを提供することで、利益を伴った成長の達成を目指しています。 当社はICチップをベースとしたセキュリティ開発の最先端メーカーとして、多くのお客様が当社の努力を認め、製品を採用してくださることを誇りに思います」と述べました。

インフィニオンのチップカードおよびセキュリティICの製品ラインナップの詳細については、インフィニオンのウェブサイトをご参照ください。
www.infineon.com/security


2006年チップカードIC市場ランキング上位企業

1. インフィニオンテクノロジーズ 29.1%
2. サムスン電子 15.5%
3. NXPセミコンダクターズ 14.3%
4. アトメル 13.0%
5. ルネサステクノロジ 12.5%
6. STマイクロエレクトロニクス 6.9%
7. その他 8.7%

インフィニオンについて

インフィニオンテクノロジーズ(Infineon Technologies AG)は、ドイツのノイビーベルクに本社を置き、エネルギー効率、コミュニケーションズ、セ キュリティという現代社会が抱える3つの大きな課題に対応する半導体およびシステムソリューションを提供しています。2006会計年度(9月決算)の売上高は79億ユーロ(キマンダの売上高38億ユーロを含む)、 従業員は世界全体で約4万2,000人(キマンダの従業員約1万2,000人を含む)でした。インフィニオンは世界的に事業を展開しており、米国ではカリフォルニア州ミルピタス、ア ジア太平洋地域ではシンガポール、そして日本では東京の各子会社を拠点として活動しています。インフィニオンは、フランクフルトとニューヨークの証券取引所に株式上場されています。イ ンフィニオンについての情報は次のURLをご参照ください。
本社サイト:http://www.infineon.com
オンラインのニュースリリース:http://www.infineon.com/jp

Information Number

INFAIM200709-082