シーメンス・スイスが高成長のSHDSL市場向けにインフィニオンのチップセットを採用~銅線を使ったブロードバンド・データ伝送距離を業界最長の200km超に拡大~

2006/03/01 | テクノロジー メディア

通信用ICのリーディングサプライヤである独インフィニオンテクノロジーズは本日、同社のSHDSLチップセット「Socrates.bis」がシーメンス・スイス(Siemens Switzerland)に採用されたことを発表しました。シーメンス・スイスは、ネットワーク・アクセス分野で用いられるTDM(時分割多重)装置のヨーロッパ有数のサプライヤです。

このチップセットを組み込んだ新製品ULAF+ LongReach(Universal Line-equipment Access Family)を利用することにより、電 力会社や鉄道会社などのインフラストラクチャのプロバイダは、既存のネットワークを使って、効率的にブロードバンド・サービスを提供できるようになります。

市場調査会社インフォネティクスによれば、SHDSL接続は2005年から2008年に年平均17%成長すると予想されています。インフィニオンは装置メーカー各社と関係が深く、こ の市場セグメントに長期的に取り組んでいることから、すでにSHDSL用IC市場でリーダーシップを発揮し、2005年の第1~3四半期にはSHDSLの出荷ポート数260万、シェア51%を達成しています( 米市場調査会社インスタット、2005年11月)。

シーメンスのSHDSLベースのULAF+ LongReach製品は、パイプライン、ハイウェイ、鉄道などに沿って敷設されている通信ネットワークを利用するもので、通 信インフラストラクチャの設備が整っていない地域のビジネス用途を主なターゲットとしています。この方法を用いれば、既設の電話用銅線ケーブルを通じて遠隔地の支社を本社ネットワークと接続し、ビデオ電話、イ ンターネット・アクセス、データ通信などを利用することが可能となります。

ULAF+ LongReachは、シーメンス・スイスが開発して特許を持つシンプレックス(単方向通信)方式を採用しています。シンプレックス方式は、銅 線をより合わせた一本のワイヤで一方向にデータを転送するもので、これに対し同じワイヤで双方向にデータを送信する方式はデュプレックス方式と呼ばれます。シンプレックス方式を利用することで、対 称モードで最大データ転送速度2MbpsのSHDSL(ケーブル径1.2mm)のリーチは約25キロメートルと、従来の3倍に伸びます。「Socrates.bis」は 消費電力がわずか500mWと競合製品のほぼ半分なので、インフラストラクチャ・プロバイダは電源を追加せずに最大8つの再生器を利用することができます。このユニークな機能により、ULAF+ LongReachの伝送距離は最大200キロメートル以上に達します。

シーメンス・スイスのビジネス・イノベーション・センターで営業責任者を務めるロナルド・ファンデルメール氏は、次のように述べています。「 旧型化した搬送波システムを段階的に置換したいと考えるお客様が増えています。こうしたシステムはどれもシンプレックス方式に基づいているため、コスト効率よく段階的にULAF+ Long-Reach製品に移行することができ、新規にケーブルを敷設するといった多額の投資も不要です」

インフィニオンのクリスティアン・ヴォルフ(通信ソリューション部門シニアバイスプレジデント兼有線アクセス事業ユニット・ゼネラルマネージャー)は次のように述べています。「 SHDSLチップセットは、既設の銅線ケーブルによる通信ネットワークに向けた当社の包括的なブロードバンド・アクセス・ソリューションを補完するものです。これでインフィニオンは、中・高 速のデータ転送と数キロメートルの伝送距離に対応したマスマーケット用ADSL、超高速で伝送距離が数百メートルのVDSL、そして速度は低めながらきわめて伝送距離の長いSHDSLと、各 種のxDSLに相互補完的に対応するチップセットとソリューションを提供できるようになります」

「Socrates.bis」について
Socrates.bis SDFE-4/2/1は、インフィニオンのSHDSLトランシーバSOCRATES®ファミリ第2世代の最新製品で、純粋なTDMアプリケーション用に設計されています。S DFE-4/2/1はETSI TS 101524とITU G.991.2(G.SHDSL/G.SHDSL.bis)の各規格に完全準拠しています。この4/2/1チャネル・トランシーバ・ソ リューションでは、DSP(デジタル・シグナル・プロセッサ)、マイクロコントローラ、AFE(アナログ・フロントエンド)、ラインドライバ、メモリが単一のBGAパッケージにまとめられています。こ のSHDSLチップセットは、G.SHDSL.bis規格を上回る144Kbpsから6,392Kbpsまでのデータ転送速度を8 Kbpsごとにサポートするほか、Mペア機能も統合されています。先 進的なシステム機能とコスト節減設計により、部品点数が少ないというSOCRATES伝統の利点も受け継いでいます。こうした特長に加えて消費電力も1チャネルあたり500mWとこれまでになく低く、サ イズもきわめて小型なSDFE-4/2/1は、再生器や集積度の高いスロット・アプリケーションに最適なソリューションです。

インフィニオンについて

インフィニオンテクノロジーズ(Infineon Technologies AG)は、ドイツのミュンヘンに本社を置き、自動車・産業・マ ルチ市場や通信アプリケーションへ向けた半導体およびシステムソリューションと、メモリ製品を供給しています。米国ではカリフォルニア州サンノゼ、アジア太平洋地域ではシンガポール、そ して日本では東京の各子会社を拠点として活動しています。2005会計年度(9月決算)の売上高は67億6,000万ユーロ、2005年9月末の従業員数は約36,400名でした。インフィニオンは、フ ランクフルトとニューヨークの証券取引所に株式上場されています。インフィニオンについての情報は次のURLをご参照ください:
本社サイト: http://www.infineon.com
日本サイト: http://www.infineon.com/jp

Information Number

INFCOM200603.042