エム・システムズとインフィニオンがモバイルRAMの供給契約を締結

2005/11/16 | テクノロジー メディア

フラッシュ方式データストレージデバイスの業界リーダーでイノベータである米エム・システムズと世界第4位のDRAMメーカーである独インフィニオンテクノロジーズは、携 帯電話向け低消費電力モバイルRAMの供給契約を締結したと発表しました。
今回の契約の中でインフィニオンはエム・システムズに対して、マルチメディア主体(マルチメディア・セントリック)の 携帯電話機をターゲットとしたDiskOnChipベースのマルチチップパッケージ(MCP)に採用されるモバイルRAMを、ノウン・グッド・ダイ(KGD)で供給します。「KGD」と はウェハの状態でダイ性能および品質テストを全てインフィニオン側で行う方式です。供給されたモバイルRAMは、エム・システムズの不揮発性データストレージデバイスと共にMCPとしてスタックされます。

エム・システムズのモバイル・ディビジョンの副社長兼ゼネラル・マネージャであるデビッド・トルブ氏は、「ハンドセットの小型化に伴い、MCPパッケージングはハンドセットの主流になっており、そ のトレンドと合わせて当社におけるMCPビジネスは成長し続けています。モバイルRAMのKGDビジネスでリーダー的立場でもあるインフィニオンとの契約は、D iskOnChip販売強化におけるマルチソース戦略を一段と強化し、当社としての供給能力を高めます。」と、述べました。

モバイル市場向けのエム・システムズの販売はすでに大半がMCPデバイスになっています。ハンドセットは物理的サイズを縮小しながら機能向上が求められる傾向が続いており、こ のためMCPへのトレンドは2006年以降もさらに強まる見通しです。

インフィニオンのメモリ製品グループのコンシューマ事業ユニットの副社長兼ゼネラル・マネージャ、アヤド・アブル・エラは、「エム・シ ステムズのDiskOnChip技術とインフィニオンの低消費電力モバイルRAM向けKGD技術を組み合わせることにより、現在のマルチメディアハンドセットのニーズに最適なMCPが提供されることになります。」 と、語りました。

インフィニオンのモバイルRAMは高速、大容量および低消費電力のメリットをMCPにもたらします。エム・システムズが提唱するDiskOnChipは、最新のNANDフラッシュ技術をベースとした、 信頼性が高く、かつ低コストの大容量ストレージソリューションを提供する技術です。モバイルRAMとDiskOnChip両方をMCPとして組み合わせることによって、ス ペース的に制約のあるモバイル向けメモリ需要の急増に対応することができます。今後EDGE、HSDPA、UMTS、WCDMAなどの高帯域セルラー標準がそうしたメモリ需要を押し上げています。

エム・システムズのDiskOnChipとインフィニオンのシングルデータレート(SDR)モバイルRAMをベースとするMCP製品は既に販売開始されています。さらに、大容量でダブルデータレート( DDR)モバイルRAMをベースとする製品が2006年に投入される予定です。これらの製品に関する詳細情報については、エム・システムズかインフィニオンの各地域の窓口にお問い合わせください。

エム・システムズについて
エム・システムズは、消費者向け電子製品や組み込み市場向けの革新的なフラッシュ方式データストレージソリューションの開発、生産および販売を行っています。同 社は急成長するマルチメディアモバイルハンドセット市場とポピュラーなUSBフラッシュドライブ市場をターゲットとしており、前者にはDiskOnChipおよびMegaSIM製品、後 者にはDiskOnKey製品を投入しています。
ウェブサイト: www.m-systems.com

お断り
当リリースに記載した会社名や製品名は商標や登録商標である可能性があり、各々の所有者に属しますが、ここでは識別する目的でのみそれらを使用しました。
当リリースには1995年民間証券訴訟改革法で定義された展望的見解が含まれています。それらは実質的に異なる結果を現実にもたらす可能性のある様々なリスクや不確実性に左右されるため、当 リリースを読まれる方は、そうした展望的見解に過大な信頼をおかないよう、ご注意申し上げます。そうしたリスクに含まれるものには次に挙げるものが含まれますが、それらに限定されるものではありません。全 般的な世界経済情勢の影響、エム・システムズが属する業界、特にそのターゲットとする市場の状況、需給変動、市場の受容性、競合製品や価格設定からの影響、製品開発、商業化や技術面における困難、フ ラッシュコンポーネントのサプライヤへの依存を含む生産能力や供給上の制約、エム・システムズやそのカスタマの在庫水準や在庫評価の変化、タイムリーな製品および技術開発/アップグレード、必 要に応じた市場情勢の変化への対応能力、新製品の市場受容性と持続的な製品需要、競合する製品や価格設定がエム・システムズやそのカスタマの製品および市場に与える影響、戦 略サプライヤやカスタマによる新製品の開発/投入/販売、エム・システムズやそのカスタマの製品の市場動向/成長予測、証券委員会(SEC)に提出されるエム・シ ステムズに書類に随時記載される他のリスク要因などがそれにあたります。エム・システムズは、当プレスリリースに記載された情報を更新する義務は負わず、また、そうした見解が拠り所としている予測や出来事、情 勢ないし環境における変化や、展望的見解で想定したものと異なる結果を現実にもたらす可能性のある要素を反映させるために、そうした展望的見解のアップデートや修正を行うという義務は拒否します。なお前記のエム・ システムズのウェブサイトを参照される場合、その情報は当プレスリリースには一切挿入されません。

インフィニオンについて

インフィニオンテクノロジーズ(Infineon Technologies AG)は、ドイツのミュンヘンに本社を置き、自動車・産業・マ ルチ市場や通信アプリケーションへ向けた半導体およびシステムソリューションと、メモリ製品を供給しています。米国ではカリフォルニア州サンノゼ、アジア太平洋地域ではシンガポール、そ して日本では東京の各子会社を拠点として活動しています。2005会計年度(9月決算)の売上高は67億6,000万ユーロ、2005年9月末の従業員数は約36,400名でした。インフィニオンは、フ ランクフルトとニューヨークの証券取引所に株式上場されています。インフィニオンについての情報は次のURLをご参照ください:
本社サイト: http://www.infineon.com

Information Number

INFMP200511.016