インフィニオン、パケットビデオ、サイワークスが次世代移動通信マルチメディア技術で提携

2002/02/13 | テクノロジー メディア

無線ICソリューションのリーディング・プロバイダである独インフィニオンテクノロジーズ、米パケットビデオ、IPコアの有力プロバイダである独サイワークスの3社は、G PRS方式およびUMTS方式移動通信ハンドセットのユーザーへ画像、音声、アニメーション、動画を提供することを目的として、技術統合の提携契約を結んだと発表しました。これは、既 存の資本提携関係に基づいたものです。

契約に基づき、次世代移動通信ハンドセットへ向けて、パケットビデオのモバイル・メディア用ソフトウェア(pvPlayerTM、pvAuthorTM、pv2WAYTM)と、サイワークスのビデオ・ アクセラレーション技術が、インフィニオンが今後投入する各種モバイル・インターネットモデムおよびアプリケーション・プロセッサ(S-GOLDおよびM-GOLDファミリを含む)に組み込まれます。

今回の提携により、無線ターミナルのメーカーは、マルチメディア・コンテンツのエンコード、配信、伝送、デコード機能を含む総合ソリューションを利用できるようになります。次 世代メディア対応型携帯電話機の迅速で信頼性の高い開発が可能になるので、市場投入までの時間が大幅に短縮されます。

ARCグループの予測によれば、ストリーミング・ビデオ機能付き携帯電話機の世界市場規模は、2005年に9,000万台を超え、さらに、2 006年には1億5,000万台以上に成長するとみられています。

インフィニオンテクノロジーズのウルリッヒ・ハマン(無線通信グループ最高責任者)は、「パケットビデオ、サイワークス両社との提携は、インフィニオンが無線市場へ先進ソリューションを提供する上で、 大きな力となります。パケットビデオのマルチメディア用ソフトウェアとサイワークスのハードウェア・アクセラレーション技術を当社の無線チップに組み込むことにより、マ ルチメディアサービスの機能を装備した次世代移動通信端末を強力にバックアップできます」と、述べました。

インフィニオンの無線通信グループは、多様な移動通信アプリケーションへ向けて、半導体および総合システムソリューションの開発・製造・販売を行っています。イ ンフィニオンは無線ソリューションのリーディング・プロバイダであり、次世代移動通信標準UMTCへ向けた半導体技術の世界的リーダーです。

パケットビデオのソフトウェア「pvPlayerTM」、「pvAuthorTM」、「pv2WAYTM」はインフィニオンの最初の実証用マルチメディア・アプリケーション・プロセッサに組み込まれ、 最適化が行われています。パケットビデオのビデオ・エンコードとデコードのソフトウェアソリューションは、サイワークスのビデオ・アクセラレータ・モジュールの長所を完全に発揮させます。このハードウェア・ア クセラレータは、省電力化、電源管理、プロセッサ・コアの負荷軽減などを目的として、サイワークスがインフィニオンとの緊密な共同作業で開発したものです。このアクセラレータは、サイワークスから、「 MPEG-4 DesignObjectsTM」ファミリとしてオープンライセンスの形で入手できます。

パケットビデオのキャスリーン・ピーターズ(バイス・プレジデント、ワールドワイド・エンベデッド・ソリューションズ)は、「 インフィニオンの定評ある無線通信半導体ソリューション向けに当社のマルチメディア・ソフトウェア・プラットホームを提供できることを嬉しく思います。インフィニオンのシステム設計と統合の経験を、業 界を先導する当社のソフトウェア・プラットホームと組み合わせることで、情報・通信・娯楽サービスを網羅する広範な移動通信アプリケーションが可能になります」と、述べました。

業界を先導するパケットビデオのマルチメディア・ソリューションは、標準に準拠したエンド・ツー・エンドなシステムです。オーディオ、ビデオ、そ の他のコンテンツやアプリケーションを移動通信端末へ配信するための、エンコード、伝送、デコード用のソフトウェアで構成されています。パケットビデオの製品は、3GPP、3GPP2、MPEG-4、WAP、I ETF、その他の標準や仕様に準拠しています。

パケットビデオについて
現行のワイヤレス・ネットワーク上でリッチ・メディアを配信するソフトウェアのリーダー企業であるパケットビデオは、ワイヤレス・ネットワークを介して、携 帯電話やPDAといった携帯情報端末向けに一方向、または双方向ビデオおよび高品質オーディオ、アニメーションやグラフィックスを配信することを可能とするMPEG-4準拠のソフトウェアを開発しています。パ ケットビデオは、ワイヤレス業界全体が、先進のリッチ・メディア・サービスの付加価値による利益を享受することを可能とします。

パケットビデオに出資している企業は以下の通りです:Comverse Tehnology (Nasdaq: CMVT), Credit Suisse First Boston, GE Equity (NYSE: GE), Infineon Technologies (NYSE:IFX), Intel Capital (Nasdaq: INTC), Kyocera (NYSE: KYO), Mobile Internet Capital, Motorola (NYSE: MOT), MTI, Philips (NYSE:PHG), QUALCOMM (Nasdaq: QCOM), Siemens' Mustang Ventures, Softbank Technology Group, Sony Corporation of America (NYSE: SNE), Sun Microsystems (Nasdaq: SUNW), Texas Instruments (NYSE:TXN), AOL Time Warner (NYSE: AOL), 他。

詳しい情報は、次のURLをご参照ください:
http://www.pv.com
http://www.packetvideo.co.jp 
* PacketVideoおよびPacketVideo社の製品名は、パケットビデオ・コーポレーションの米国における登録商標または商標です。
* その他の会社名、商品名は一般に各社の登録商標か商標です。

サイワークスについて
サイワークス は、マルチメディア、ネットワーキング、テレコミュニケーション、セキュリティ関係のIPおよび設計サービスを提供する欧州の先導企業です。マ イクロエレクトロニクス技術のライセンス供与と設計サービスの先導企業であり、65以上のソフト・コアから成るライブラリを擁しています。

サイワークス の「DesignObjectsTM」(シンセサイズ可能なASICコア)は既成ソリューションとして市販されており、新 しいICやアプリケーションの開発期間短縮とリスク軽減に寄与します。加えて、サイワークス のコア検証プログラムが「DesignObjectsTM」の高い品質と性能を保証します。さらに、システム統合、ソ フトウェア開発、システムおよびIPの認定など、サイワークスの広範なデザイン・サービスが「DesignObjectsTM」を補完しています。これらすべては、成 熟した応用ノウハウと長年の経験に裏打ちされたものです。

詳しい情報は、次のURLをご参照ください:
http://www.sci-worx.com

サイワークスの日本国内ご連絡先:
サイワークス東京事務所
西村 健一
Tel: 03-3222-8281 Fax: 03-3222-8289
E-mail: kennishi@tka.att.ne.jp

インフィニオンについて

インフィニオンテクノロジーズ(Infineon Technologies AG)は、ドイツのミュンヘンに本社を置き、自 動車および産業分野や有線通信市場のアプリケーションへ向けた半導体およびシステムソリューション、セキュア・モバイル・ソリューション、メモリ製品などを供給しています。米国ではカリフォルニア州サンノゼ、ア ジア太平洋地域ではシンガポール、そして日本では東京を拠点として活動しています。2003会計年度(9月決算)の売上高は61億5,000万ユーロ、2003年9月末の従業員数は約32,300名でした。イ ンフィニオンは、フランクフルトとニューヨークの証券取引所に株式上場されています。

Information Number

INFWS200202.034e