インフィニオンが小型・低電力版の4回線T1/E1/J1トランシーバICを発表

2002/07/15 | テクノロジー メディア

先進通信システム用ICの先導プロバイダである独インフィニオンテクノロジーズは、T1/E1/J1フレーマ&回線インターフェイスIC「FALC」ファミリの最新製品として、「QuadFALC V2」を発表しました。「QuadFALC V2」は、寸法15mm×15mmのプラスチック・ボール・グリッド・アレイ(P-BGA-160)パッケージに格納され、チ ャネル当たり消費電力が180mW以下に抑えられているので、テレコム機器メーカーは、T1/E1/J1クラスのデータレートをサポートするすべてのシステムについて、統 合性と費用効果の向上をはかることができます。

「FALC」ファミリの4回線版「QuadFALC」は、無線基地局、フレーム・リレーやATMゲートウェイ、Voice over DSLやVoice over IPゲートウェイ、チ ャネル&データ・サービス・ユニット、インターネット・アクセス機器、LAN/WANルータ、リモート・アクセス・コンセントレータ、デジタル・アクセス・クロスコネクト、デジタル・ループ・キャリア・シ ステムなどに最適なE1/T1/J1インターフェイス・ソリューションです。この高集積度ICによってインフィニオンは、T/E機器市場における地位を強化しました。市場調査会社ガートナー・データクエストは、m m m m m m m m m 2 002年5月に発表したレポートで、T/Eキャリア・アプリケーション専用半導体ベンダの世界ランキングでインフィニオンが、2 000年の第4位から2001年に第2位になったとしています。m

インフィニオンのクリスチアン・ヴォルフ(有線通信グループ担当副社長兼アクセス事業ユニット・ゼネラルマネージャ)は、「ガートナー・データクエストの予測によれば、T /E業界は長期的に年間数100万の新ポート市場を形成するとみられています。この市場へ最新のチップ統合とプロセス技術のメリットを提供するために、当社は、卓 越した集積度と低消費電力を達成できる0.18μmプロセス技術を使用しました。「QuadFALC V2」は、競合するソリューションに比べて所要ボードスペースが30%少ないうえ、消 費電力は業界最小に抑えられています。機器メーカーにとっては、非常に魅力的な価格で、高性能なマルチチャネル・ソリューションの設計が可能になります」と、語りました。

「QuadFALC」について
「QuadFALC」は極めて低消費電力のシングルチップ・デバイスとして、他のソリューションよりも優れたボード信頼性を提供します。周波数範囲1MHzから20MHzの任意のクロック・ソ ースを用いて動作でき、さらに、ソフトウェアによってT1/J1動作とE1動作を切り換えることができます。従って、世界の3つの一次群速度標準に対する単一のインターフェイスを、最 少の部品点数で設計することができます。

第2版「QuadFALC V2」のP-BGA-160パッケージは、1.0mmのボールピッチを採用しているので、回路基板の複雑さが軽減されます。このコンパクト化されたデバイスは、第1版「 QuadFALC V1」(パッケージはTQFP-144)が持つすべての機能を備え、しかも、実装面積は市場最小の225平方mmです。たとえば、32チャネル・ラインカードの場合、デ バイスが必要とするボードスペースは1,800平方mmにすぎません。競合するソリューションの場合は2,600平方mmを要します。

「QuadFALC V2」は、単一電源3.3Vで動作させることが可能です。この場合には、従来版「QuadFALC V1」のピンと1対1の置き換えができます。さらに、3 .3Vおよび1.8Vのセパレート電源を使って、新しい低電力モードで動作することもできます。T1/J1およびE1のショートホール(短距離伝送)とロングホール(長距離伝送)の 要件をともに満たせるよう設計されています。「QuadFALC V1」から円滑に移行できるよう、ピン互換性のあるTQFP-144版も用意されています。

「QuadFALC V2」(型名:PEF22554E)は現在、PBGA-160パッケージ(寸法15mm×15mm、ボールピッチ1.0mm)の評価用サンプルを提供中です。これに対し、T QFP-144版(型名:PEF22554HT)は20mm×20mm、ピンピッチ0.5mmのTQFP-144パッケージに格納されています。両デバイスとも-40℃から+85℃の温度範囲で動作し、大 量受注時の単価は35ドル以下となる予定です。

動作ボードとCD-ROMから成る「QuadFALC」の総合的な評価キット「EASY22554」も用意されています。CD-ROMには、PCベースのグラフィカル・ユーザ・インターフェイス、デ バイス・ドライバ・コード、ドキュメンテーション一式などが収録されています。また、データシートとアプリケーション・ノートは下記のウェブサイトで入手できます:
http://www.infineon.com/falc

 



インフィニオンについて

インフィニオンテクノロジーズ(Infineon Technologies AG)は、ドイツのミュンヘンに本社を置き、自 動車および産業分野や有線通信市場のアプリケーションへ向けた半導体およびシステムソリューション、セキュア・モバイル・ソリューション、メモリ製品などを供給しています。米国ではカリフォルニア州サンノゼ、ア ジア太平洋地域ではシンガポール、そして日本では東京を拠点として活動しています。2003会計年度(9月決算)の売上高は61億5,000万ユーロ、2003年9月末の従業員数は約32,300名でした。イ ンフィニオンは、フランクフルトとニューヨークの証券取引所に株式上場されています。

Information Number

INFCOM200207.122e

Press Photos

  • Infineon Introduces 4-Line T1/E1/J1 Framer and LIU Component with Smallest Footprint and Lowest Power Consumption
    Infineon Introduces 4-Line T1/E1/J1 Framer and LIU Component with Smallest Footprint and Lowest Power Consumption
    Press Picture

    JPG | 173 kb | 1276 x 1004 px