車載アプリケーション用SiC

次世代パワーエレクトロニクスに対応

プラグインハイブリッドや各種電気自動車を含む電動車(xEV)への需要はますます高まっています。これらの車にはパワーエレクトロニクスが多用されていますが、今のところ、その多くはシリコン製です。しかしながら最新のxEV設計では、効率性と電力密度をさらに高める必要が生じています。シリコンカーバイド(SiC)は、シリコンでは頭打ち状態の性能限界を打破する選択肢として浮上した材料です。低スイッチング損失や高温適合性、高スイッチング周波数といった特性は、最高のxEV要件に対応します。SiCに基づくソリューションは、従来アプリケーションからさらなる効率化、軽量・小型化を約束します。

CoolSiC車載向けショットキーダイオードの生産開始間近

CoolSiC™ショットキーダイオードファミリは、現行製品以降のハイブリッド/電気自動車向け車載充電器(OBC:オンボードチャージャ)アプリケーションに導入される予定です。インフィニオンは、信頼性、品質、性能面における自動車業界の厳しい要件に特に合うようにこのダイオードを設計しました。

新製品ファミリーは、自動車業界のより厳しくなった信頼性要件にあわせて改善したインフィニオンの第5世代ショットキーダイオードをベースにしています。新たなパッシベーション保護膜のコンセプトにより、本車載デバイスは耐湿・耐腐食性において市場最高の堅牢性を誇ります。さらに、110μmという非常に薄いウェハ技術を採用しているため、本製品のカテゴリの中では最高の性能指数(Qc x Vf)を示しています。性能指数が低いと低電力損失が低減し、電気性能の改善につながります。

CoolSiC車載ショットキーダイオードは、シリコン製の高速ダイオードと比べ、全負荷条件下でのOBC効率が1ポイント改善されています。これは、電気自動車の一般的な全寿命のCO2排出量が、ドイツのエネルギーミックス(長期エネルギー需要見通し)にて潜在的に200kg低減することを意味します。

製品詳細はこちら:
AIDW20S65C5
AIDW30S65C5
AIDW40S65C5
AIDW10S65C5
AIDW12S65C5
AIDW16S65C5

 

経験と専門性の相乗効果

車載パワー半導体の分野でNo.1を誇るインフィニオンは、市場トップクラスの広範囲な技術ラインアップで製品を開発しています。革新的なパッケージやゲートドライバソリューションで裏打ちされた、シリコン、SiC、窒化ガリウム(GaN)製品における専門性を培ってきました。インフィニオンは現在、50年間にわたって培った高電圧コンポーネントおよび自動車用半導体分野での経験と専門性を一層強化することで自動車業界にSiC技術のもたらす恩恵を提供しようとしています。

技術ラインアップ

インフィニオンはSiCのコストパフォーマンス改善を図りつつ、市場投入を加速します。車載システムで認められた経験と専門性に基づき、インフィニオンはSiCの性能を最大限に引き出す次世代xEVの設計においてパートナー企業をサポートし、エンドユーザー向けに付加価値を作るお手伝いをします。

一般市場への投入が開始されれば、コンパクトで非常に効率の良いSiCデバイスにより、さまざまな運転条件下で最大10%の性能/効率向上が期待されます。

ビデオ

2:09

電動車(xEV)の最大出力まで対応、スケーラブルなメインインバータ

インフィニオンは、IGBT車載コンポーネンツの幅広いラインアップを提供します。SUNGROW社製メインインバータのデモ機のディスクリートソリューションから始まり、HybridPACK™ Driveパワーモジュール、HybridPACK™ 1 DC6 wave、HybridPACK™ Drive CoolSiC™、Low-Loss DuoPack: TRENCHSTOP™ IGBT、そしてEiceDRIVER™ SenseおよびEiceDRIVER™ Boost用評価ボードを説明しています。詳細は下記リンクをご参照ください: https://www.infineon.com/automotivepowermodules https://www.infineon.com/sic-automotive