インフィニオン、XENSIVTM 60GHzレーダーセンサーとAURIX™マイクロコントローラーにより超短距離の車載アプリケーションを実現

2021/06/30 | マーケットニュース

2021年6月24日、ミュンヘン (ドイツ)

In-cabin monitoring system(ICMS)は、自動車の乗車員への安全性に対するコンセプトを再提案します。置き去りにされた子供の検知、ドライバーの健康状態監視や乗員検知など、さまざまなアプリケーションにより、交通安全や車内保護が強化されています。特にレーダーは、微小な動作や生体情報を検出する能力があるため、これらのアプリケーションに対応する有望な技術です。

インフィニオンテクノロジーズAG (FSE: IFX / OTCQX: IFNNY)は、ICMSサブシステム用の超広帯域、超低消費電力、コストパフォーマンスの高いスケーラブルなアーキテクチャ向けにXENSIV™ BGT60ATR24C AEC-Q100 レーダーセンサー、AURIX™ マイクロコントローラー(MCU)、OPTIREG™ PMICといった幅広い製品を提供します。これらのデバイスは、新しい信号処理技術の使用をサポートしており、堅牢性を実現するとともに、計算コスト、情報量、システムの消費電力において良好なバランスを保持します。

XENSIV BGT60ATR24Cレーダーセンサーは、仮想アレイ構成による複数の送受信、非常に高速な変調波生成メカニズム、自動パワーモード構成機能、さらにRFと信号処理側の間のシンプルなインターフェイスを備えたコグニティブ センシング ソリューションです。さらに、AURIX TC3xx MCUファミリーは、強力なセーフティアーキテクチャ性能を提供します。このMCUファミリーは、高速レーダー信号処理ユニットと、第2世代のハードウェア セキュリティ モジュール(HSM)により強化されたセキュリティを内蔵しています。これには、非対称暗号アクセラレータとEVITAのフルサポートが含まれます。 

このセンサーとMCUの組み合わせにより、インフィニオンの 60GHz レーダー自動車用ポートフォリオは、ICMSアプリケーションにとって理想的なものとなります。さらに、韓国のイメージング レーダー技術の新興企業であるbitsensing社や、イスラエルの新興企業であるCaaresys社との提携により、お客様の開発サイクルを加速させることができます。

bitsensing社のCEOであるJae-Eun Lee氏は、次のように述べています。「ビットセンシングの MOD 620は、インフィニオンのチップセットソリューションを使用した高度な信号処理技術によって実現した60 GHzシステムソリューションであり、卓越性、信頼性、および卓越したインテリジェンスを必要とする自動車業界に新たなレベルの安全性を提供します」

Caaresys社のCEOであるIlya Sloushch氏、次のように述べています。「CaaresysのCabinCareおよびBabyCareレーダーベースのシステムソリューションは、車の安全な生活を目的としています。当社のアルゴリズムとレーダー信号処理の専門知識と、インフィニオンの高性能な24GHzおよび60GHzレーダーセンサーとAURIX MCUを組み合わせることで、車内を審美的で非接触の生体情報のモニタリングを実現したいと考えています」

製品の詳細

インフィニオンのXENSIV 60GHzレーダーチップに関する詳細情報は、

https://www.infineon.com/cms/jp/product/promopages/60GHz/で覧いただけます。

ICMSアプリケーションに関する情報は、

https://www.infineon.com/cms/en/applications/automotive/chassis-safety-and-adas/in-cabin-sensing/

でご覧いただけます。

ICMS用AURIXマイクロコントローラーの詳細は、

https://www.infineon.com/cms/jp/product/microcontroller/32-bit-tricore-microcontroller/32-bit-tricore-aurix-tc3xx/をご覧ください。

各動画は

https://www.infineon.com/cms/jp/applications/automotive/chassis-safety-and-adas/automotive-24-ghz-radar-system/https://bitsensing.com/mod620_partnership_infineon/ でご覧いただけます。

Information Number

INFPSS202106-081j

Press Photos

  • With XENSIV™ BGT60ATR24C AEC-Q100 radar sensors, AURIX™ microcontrollers and OPTIREG™ PMICs, Infineon offers a wide variety of products for an ultra-wideband, ultra-low power and cost-performance scalable architecture for in-cabin monitoring sub-systems. In addition, the partnerships with bitsensing, a South Korean imaging radar technology start-up, and Caaresys, a start-up based in Israel, enables customers to accelerate their development cycle for this automotive application.
    With XENSIV™ BGT60ATR24C AEC-Q100 radar sensors, AURIX™ microcontrollers and OPTIREG™ PMICs, Infineon offers a wide variety of products for an ultra-wideband, ultra-low power and cost-performance scalable architecture for in-cabin monitoring sub-systems. In addition, the partnerships with bitsensing, a South Korean imaging radar technology start-up, and Caaresys, a start-up based in Israel, enables customers to accelerate their development cycle for this automotive application.
    XENSIV_In-cabin_sensing

    JPG | 276 kb | 1535 x 804 px

ダウンロードサービス