スマートビルディング: 接続性と効率性

スマートビルディングは、未来の持続可能な都市を実現する上で非常に重要です。住宅、公共の建物やオフィスビルは、世界のエネルギー需要に大きく寄与しています。欧州だけを見ても、建物はエネルギー消費の40%、二酸化炭素排出量の36%を占めています。 建物での効率的なエネルギー消費には、節電ソリューションだけでなく、センサーシステムも重要な役割を果たしています。インテリジェントなコネクテッドセンサーを使えば、スマートビルディングのエネルギー消費量を約30%削減できます。

オフィスやショッピングモール、コンサートホール、駅など建物の種類を問わず、スマートビルディングは基本的に、インテリジェントに接続され、デジタル化された建物と定義されます。そのため、ソフトウェアや通信ネットワーク、さらにはセキュアなデータ管理とダイナミックなインターフェイス管理が欠かせません。これらが、運用コストの削減、セキュリティの強化、利用者にとっての快適性向上に役立ちます。しかしながら、その価値を十分に発揮するためには効率的なエネルギー使用が鍵になります。そのため、新しい建物を計画する際は、「デジタルツイン」やスマートセンサーなどの画期的な技術を最初の段階から検討することが欠かせません。

自己認識能力を備えた、インテリジェントで環境に優しい建物

スマートセンサーは、建物のエネルギー消費状況をリアルタイムで監視や測定、今後の予測さえ行えます。スマートセンサーを使うと、デジタルツインがコンピュータモデル上ですべての機能とプロセスをマッピングし、インテリジェントな自動化を通じてエネルギーの節減と効率的な利用を実現します。建物のスマート化では、センサーが集めたデータに基づくインサイトや、無線経由のトレーニング可能な機械学習アルゴリズムを活用します。これらの助けを借りて、事象検出機能をもとにエネルギー需要を配分し、建物内のインフラの効率的な利用を可能にします。

アプリケーションページ: スマートビルディングソリューション

スペシャルコンテンツ: LED 照明システム

動画: すぐに使えるスマートビルディング用ソリューション

直感的センシング技術: 人とデバイスのインタラクション

EETimes Europe 記事: 環境に優しく、よりエネルギー効率の性能が高いスマートな建物

省エネビルディング用の包括的なポートフォリオ

スマートビルディングは、エネルギー消費を減らし、持続可能な資源の利用を促します。インテリジェントに設置されたセンサーシステムを基盤として、センサーから集めた情報を手掛かりにアクチュエータを駆動し、自動的に判断を行います。電力管理IC、マイクロコントローラ、セキュリティICも、リアルとデジタルの世界をひとつにする重要な役割を果たします。

センサーシステムが、予知保全、ダウンタイムの削減、情報収集の強化を実現します。センサーシステムを通じて、建物のオーナーと利用者はコストを削減でき、デバイスや設備の寿命を延長させることができます。

多様な画期的ソリューションが現代の建物のエネルギー節減を支え、都市化や気候変動がもたらす課題に対応した、自己認識能力を備えた環境に優しい、インテリジェントな建物を実現させています。パワー半導体、マイクロコントローラ、各種センサーを使ってエネルギー消費を大幅に削減し、利用者にとっての利便性を高めて心身の健康を改善できます。

スマートビルディング向けアプリケーション用のポートフォリオ

エネルギー効率を高めるユースケース