データプロセシング

先端技術に裏付けられた最新鋭データプロセシングシステム

デジタルでつながった今日のコネクテッドワールドでは、データの処理、送信、格納があらゆる場面で必要とされています。具体的には、通信ネットワーク、データセンター、サーバといったデータプロセシングの支柱をなす要素において、帯域幅の拡大と省エネ効果の向上が継続的に求められており、この状況はまだまだ続きそうです。その一方で顧客からは、最高性能の機器とそのさらなる省スペース化が要求され、データプロセシング設計に組み込むべき考慮事項も増加の一途をたどっています。

私たちを取り巻く世界は、コンピューティング/ストレージ、通信スイッチ/ルータ、無線通信など、多くのアプリケーションで行われるデータプロセシングにますます依存するようになっており、このこともデータプロセシング設計に影響を及ぼしています。今日、人々や企業が期待しているのは、安定性と継続性に優れたサービスであり、データプロセシングシステムがひときわ優れた信頼性を備えていなければならないのは、まさにそのためです。データプロセシング設計者の皆様が覚えておくべきこと、それは、高性能、高効率、高電力密度を併せ持ったデータプロセシングシステムを設計することが成功の秘訣であるということです。そして、それをお手伝いできるのがインフィニオンです。

インフィニオンのデータプロセシングソリューションでひとつ上の設計を

データプロセシングコンポーネントをインフィニオンから調達することで、お客様の要件を満たした設計が確実に手に入るようになります。最先端技術を搭載したインフィニオンの電力変換製品は、複数のデータプロセシングエンジンをサポートすることにより、堅牢性と省エネ効果の最大化という、市場の期待に真っ向からお応えします。インフィニオン独自のFETテクノロジーは、ディスクリートFETとして利用することも、電力段やレギュレータに統合して利用することもでき、業界トップレベルの効率性を実現します。データプロセシング市場に固有の製品としては、信頼性テストとインフィールド診断の拡張機能をもたらす、PMBus対応のデジタルレギュレータもあります。

アプリケーションの詳細情報、製品仕様、リファレンスデザインをご確認ください。

コネクテッドワールドにおけるデータプロセシング

データプロセシングシステム回路図