廃棄物管理

資源を有効利用し廃棄物の発生量を最小に留めるための数々の取り組みにもかかわらず、避けられない廃棄物は未だ発生しています。そのため私たちの次なる目標は、残った廃棄物が適切かつ効率的に処分されるようにすることです。

近年、技術的にも経済的にも実現可能な、最終処分の前に廃棄物を処理するいくつかの方法があります。 この点に関して言えば、直接埋立地に処分するよりも、回収手段を私たちは優先します。 様々な回収手段の中でも、処分段階で発生するCO2も抑えられるため、リサイクルが環境的には最も効果的です。

このため、可能な限り、廃棄物は発生した場所で別々に回収されます。 シクロペンタノン溶剤などの材料は、経済的・環境的に可能な限り施設内外でリサイクルされ、製造工程で再利用することができます。

ビジネスケース:

フィラハ工場(オーストリア)では、sawn wafersのワーシュタインとCegléd (Hungary)の一部の出荷を再利用可能なパッケージに置き換えました。再利用可能パッケージはプラスチックからできており、複数回使用可能です。現在では年間、55,000から110,000箱の節約になっています。再生利用可能パッケージはごみの削減だけではなく、パッケージの減少にもつながっています。再生利用可能パッケージはサプライヤーと共同で開発?されています。

2016年3月より、レーゲンスブルグ工場(ドイツ)では、外注サービスを利用しての段ボール箱の再利用を始めました。さらにプレシャスメタル(パラジウムと金)のgalvanic sludge of the Regensburg site からの回収をし、 Idea Management Center of the German Institute for Idea and Innovation Management (Deutsches Institut für Ideen- und Innovationsmanagement) in Frankfurt in the “Best Sustain­ability Idea of 2016” competition. を受賞しました。

フィラハ工場でのリサイクルについては、リサイクル指数でもっとも効果的なN-methyl-pyrrolidone (NMP) は70パーセントから90パーセントに上昇しました。