受賞歴

インフィニオンは、長年にわたり、さまざまな環境団体、お客様、イニシアチブからCSRにおける業績を評価され、数々の賞を受賞しています。インフィニオンは、受賞の栄誉に預かったことを誇りとしています。

インフィニオン、ダウ・ジョーンズ・サステナビリティ・インデックス2014/15にランクイン

インフィニオンは、2014年9月に、5年連続でダウ・ジョーンズ・サステナビリティ・インデックス(Dow Jones Sustainability Index)に選出されました。最初に応募した2010年以来、インフィニオンは、サステナビリティ(持続可能性)に関して世界でも最高位の企業の1社として毎年選ばれ続けています。半導体セクターに限ると、インフィニオンは、「製品の品質」と「リコール管理」の2部門でトップにランキングされ、「環境ポリシー/管理システム」、「化学品管理」、「環境報告書」などの分野における活動を高く評価されました。詳細は、プレスリリースをご覧ください。

インフィニオン、5年連続でサステナビリティ・イヤーブックにランク入り

RobecoSAM社が実施する「ダウ・ジョーンズ・サステナビリティ・インデックス」の評価により、インフィニオンは2015年1月発行の「サステナビリティ・イヤーブック」に5年連続で掲載されました。ドイツの半導体メーカーであるインフィニオンは、持続可能性のある世界企業の上位15%内にランキングされました。

oekom research社、インフィニオンを「Prime」と格付け

格付調査会社oekom research AGは、企業の持続可能性の評価を専門とし、その評価過程では100項目を超える判定基準が考慮されます。2013年に、インフィニオンは「Prime」と格付けされました。これは、インフィニオンが経済、社会、環境の各分野において持続可能性を確保する取組みを続けていることを証明するものです。ダウ・ジョーンズ・サステナビリティ・インデックスに連続してランク入りした後に、さらにこの評価を頂いたことは、あらためてインフィニオンがこの分野で適切な取組をしてきたことを証明しています。

FTSE4Goodインデックス・シリーズ

「FTSE4Goodインデックス・シリーズ」は、環境、社会、ガバナンスに対する厳格な条件を満たすことを求める、国際的に認められたCSR標準に基づいて企業を格付けします。インフィニオンは、2013年にFTSE4Goodインデックス・シリーズの構成銘柄に再び選ばれました。インフィニオンは、学びと改善を継続して行うことでこの高い評価を頂きました。問題が顕在化する前に改善策を打ち出すプロセスをグローバルに進め、地域社会との協調を深め、人々と環境に対して自発的に責任を負うことが、統合アプローチの基本姿勢です。このアプローチは、企業戦略の策定から日常の業務まで生かされています。

Singapore Sustainability Award

インフィニオンは、「Singapore Sustainability Award 2014」の大企業部門において選出されました。この賞はSingapore Business Federation (SBF)が運営するもので、シンガポールで事業を営む企業のなかで最も革新的で影響のある持続可能性アプローチが評価されます。インフィニオンテクノロジーズアジアパシフィックのビジネス慣行と革新的な環境保全技術ソリューションが実現する持続可能性を高く評価され、この地域のトップ企業に選ばれました。

TRIGOS Carinthia Award

インフィニオンオーストリアは、4年連続で「TRIGOS Carinthia Award」を受賞しました。同賞は、過去8年間にオーストリア国内で行われたCSR活動を表彰するもので、赤十字、SOS Kinderdörfer、Chamber of Commerce and the Association of Austrian Industryが母体となり、特別な社会的責任を果たしたオーストリア国内の企業に賞を授与します。インフィニオンオーストリアは、モバイル電子機器の分野における持続可能性の成果とバイオマスによる自家暖房供給が評価され、「エコロジー」カテゴリの賞を頂きました。

Regensburg Environmental Protection Award

インフィニオンレーゲンスブルクは、模範的な業務展開と方向性を高く評価され、レーゲンスブルク市の環境保護賞である「Umweltpreis」を授与されました。環境保護の分野における卓越した実績が認められるのは、1994年以来、これが12回目になります。レーゲンスブルクの事業所は、業務活動が周辺の生態系におよぼす影響を評価する生物多様性チェックを地域で初めて導入しました。また、同事業所は、熱源と電力の両方を生成する新型のコージェネレーション(CHP; Combined Heat and Power)設備を近く導入し、年間3千500トン以上のCO2削減を達成する見込みです。この削減量は、レーゲンスブルク市の一般家庭300世帯の年間排出量に相当します。

Kulim Award

2014年10月、インフィニオン テクノロジーズ クリムは、「National Excellence Award Occupational Safety and Health 2014」を受賞したと発表しました。同賞は、マレーシア政府のNational Safety Councilから直接贈られるもので、マレーシアの労働安全衛生部(Department of Occupational Safety & Health)が後援しています。インフィニオン クリムの優れた労働衛生管理を高く評価されると共に、職場の危険性を取り除くために特別な管理と保護の対策がとられていることも評価頂きました。