インフィニオンが、欧州における電気自動車の普及に向けた3つのeモビリティ研究事業を先導

欧州の研究プロジェクト「3Ccar」「OSEM-EV」「Silver Stream」に関するプレスリリース

2015/06/09 | ビジネス&フィナンシャルプレス

 2015年6月9日、ミュンヘン(ドイツ)/ブリュッセル(ベルギー)

欧州委員会(EC)は環境に優しい自動車を欧州地域に普及させるべく、エレクトロモビリティ(eモビリティ)の低コスト化、効率化、信頼性向上をめざす3つの研究プロジェクトを新たにスタートさせます。独インフィニオン テクノロジーズ(Infineon Technologies AG、FSE:IFX/OTCQX:IFNNY)の先導によって2018年まで実施されるこれらの研究プロジェクトのもと、欧州は電気自動車の継続的な開発・生産の拠点となります。3つのプロジェクトを合わせた予算総額は約6700万ユーロにのぼります。この3つの研究プロジェクトの立ち上げにあたり、6月9、10日にブリュッセルで国際的なイベントが開催されました。研究プロジェクトには世界15か国70パートナーの計120名の研究者に加えて、ECSEL共同事業、欧州連合(EU)、欧州委員会(EC)、ドイツ連邦教育研究省の代表が参加します。

電気自動車の軽量化と走行距離向上
「3Ccar」「OSEM-EV」「SilverStream」という3つの研究プロジェクトにより、電気自動車に使用される電気システムに約5分の1の小型化・軽量化、走行距離の向上、約25%のコスト低減といったメリットが期待されます。この3事業が連動する形で、環境に優しく安全で堅牢な電気自動車の研究開発が行われます。半導体メーカーから自動車メーカーにいたる自動車バリューチェーン全体がこの取り組みに寄与します。

電気自動車には、内燃機関を使った従来の自動車に比べて平均で約50%以上の電子部品や半導体が搭載されています。そのため、電気自動車は複雑度が高くなります。さらに、電気自動車に使わる電子部品の動作時間も、従来車に比べて長くなっています。自動車の複雑化に抗して自動車システムの信頼性をさらに強化することを目指す研究プロジェクトが、「3Ccar」(Integrated Components for Complexity Control)です。「3Ccar」には14か国から48のパートナーが参加し、5400万ユーロの研究予算が充てられています。
電気自動車の走行距離を向上させることを目標に掲げるのは、「OSEM-EV」(Optimised and Systematic Energy Management in Electric Vehicles)です。この研究プロジェクトに参加する12のパートナーは、電気ドライブ用冷却システム、バッテリー寿命、効率的なエネルギー回収といったインテリジェントな熱管理の研究を中心とする活動を行います。研究予算は800万ユーロとなっています。

安価な電気コンパクトカーの開発をめざす研究プロジェクト「SilverStream(シルバーストリーム)」には、5か国10パートナーが参加し、450万ユーロの研究予算が充てられています。

欧州の重要研究プロジェクト上位12に入る「3Ccar」「OSEM-EV」「SilverStream」
欧州のイニシアティブECSEL(Electronic Components and Systems for European Leadership)において欧州委員会(EC)とその加盟国は、推進すべき12の研究プロジェクトを選定し、そのための投資総額を約7億1000万ユーロとしました。「3Ccar」「OSEM-EV」「SilverStream」の3事業を含む、これらのプロジェクトのうち10事業には、ドイツの企業と研究機関が参加しています。欧州連合(EU)はECSELによって、世界のマイクロエレクトロニクス市場における欧州のシェアを大幅に拡大するという目標を追求しています。

研究プロジェクトに関する詳細は、 http://www.osem-ev.eu(OSEM-EV)、 http://www.silverstream-ev.eu(SilverStream)、 www.3ccar.eu(3Ccar)に掲載されています。

エレクトロモビリティに対するインフィニオンの貢献についての情報は、 www.infineon.com/electromobility に掲載されています。

 

インフィニオンについて

インフィニオン テクノロジーズ(Infineon Technologies AG)は半導体分野の世界的リーダーです。インフィニオンはエネルギー効率、モビリティ、セキュリティという、現代社会が抱える3つの大きな課題に応えています。2014会計年度(9 月決算)の売上高は43億ユーロ、従業員は世界全体で約2万9,800人です。インフィニオンは2015年1月、パワー半導体技術の有数のプロバイダーであり、11億米ドル(6月29日を期末とする2014会計年度)の売上高と約4,200人の従業員を持つ米国企業のインターナショナル・レクティファイアーを買収しました。

インフィニオンは、ドイツではフランクフルト株式市場(ticker symbol:IFX)、米国では店頭取引市場(ticker symbol:IFNNY)のOTCQX に株式上場しています。

インフィニオンについての情報は次のURLをご参照ください。
本社サイト: http://www.infineon.com/
日本法人サイト: http://www.infineon.com/jp

Information Number

INFXX201506-062

Press Photos

  • As a strong partner for electromobility Infineon heads, for example, the European R&D projects “3Ccar”, “OSEM-EV” und “SilverStream”. Among other things, they will make electrical systems of electric vehicles approximately one-fifth lighter and by about a quarter cheaper.
    As a strong partner for electromobility Infineon heads, for example, the European R&D projects “3Ccar”, “OSEM-EV” und “SilverStream”. Among other things, they will make electrical systems of electric vehicles approximately one-fifth lighter and by about a quarter cheaper.
    INFINEON eMobility

    PNG | 120 kb | 1500 x 1500 px