「Cartes 2015」:インフィニオン、セサミ賞を2部門受賞、ネットワーク社会向けの認定セキュリティ製品を紹介

Market News

2015/11/18 | テクノロジー メディア

 2015年11月18日、ミュンヘン(ドイツ)/パリ(フランス)

 独インフィニオンテクノロジーズはパリで開催された展示会「Cartes Secure Connexions」(11月17日から19日)に於いて、モバイル決済からIoT(Internet of Things : モノのインターネット)まで、スマートカードアプリケーションの枠組みを越えたセキュリティソリューションを紹介し、「セサミ賞 (Sesami Award)」の授賞式では2部門を受賞しました。また次世代パスポート向けの最新セキュリティチップに対する最高のセキュリティ認定を取得した事をハイライトしました。

OPTIGA Trust E 」が、「最優秀 IT セキュリティ ソリューション」と「ゴールデン セサミ」の 2 部門で「セサミ賞」を受賞

国際的評価が高く栄誉ある「セサミ賞」コンテストは、デジタルセキュリティ分野で1年間の最も優秀なイノベーションを評価するものです。審査委員会は、独立した業界専門家による幅広い構成となっており、パリで行われたイベントでは、選出された10部門の受賞製品が発表されました。インフィニオンの「OPTIGA Trust E」セキュリティソリューションは、「最優秀ITソリューション」部門の受賞製品に選ばれ、本セキュリティソリューションは、セサミ賞の20周年を記念する特別部門「ゴールデンセサミ賞」も受賞しました。「ゴールデンセサミ賞」は、審査員全員の投票により、10部門の受賞製品すべての中から、最も優れたソリューションを称えるものです。

「OPTIGA Trust E」は、資本設備や知的財産(IP)を攻撃、解析、複製、改ざんから保護する、実装の容易なソリューションです。強力な認証機能とソフトウェアコードや製品データのセキュアな保存により、ネットワークとサプライチェーンのより効果的な管理が可能となっています。本セキュティソリューションを使用することで、高価値商品のメーカーは、自社製品の品質と安全性を保証しつつ、自社のIPやブランドを保護できます。本製品の対象アプリケーションは、産業オートメーションシステム、スマートホームソリューション、コンシューマ機器や医療機器など、多岐にわたります。 

最新の「 SLE 78 」メガメモリ セキュリティチップが、最高のセキュリティ認定を取得

インフィニオンの「Integrity Guard(インテグリティガード)」技術をベースとする「SLE 78」は、ドイツ連邦情報技術安全局(BSI)より、最高のセキュリティ認定であるコモンクライテリアEAL 6+ (High)認定を取得しました。「SLE 78」の傑出した特長は、最大1.1MBという業界最高のメモリ密度です。

超小型スペース上に高いメモリ密度を確保することは、国際民間航空機関(ICAO)の定める最新規格LDS 2.0に準拠する上で不可欠な要素です。このLDS 2.0は、個人生体情報、電子ビザ、出入国スタンプを電子パスポート上にセキュアに保存することを求めています。さらに、出入国審査の場所で大容量データを可能な限り高速に処理するため、「SLE 78」セキュリティコントローラは、VHBR(Very-High-Bit-Rate)プロトコルを使用します。このVHBRプロトコルは、データ転送速度6.8MbpsのISO/IEC 14443に準拠しており、電子パスポートと対応リーダによる非接触通信の安定化を実現します。 

インフィニオンのセキュリティソリューションについての詳細は、  www.infineon.com/security をご覧ください。

 

Information Number

INFCCS201511-011

Press Photos

  • Thomas Fitzek, Vice President Marketing Chip Card & Security division, receives the "Golden SESAMES" on behalf of Infineon.
    Thomas Fitzek, Vice President Marketing Chip Card & Security division, receives the "Golden SESAMES" on behalf of Infineon.
    SESAMES-Awards- 2015

    JPG | 1.11 mb | 3264 x 2448 px