インフィニオン、「Embedded World」にて、スマートホーム ソリューション向けのデバイスID管理システム「iBadge」を紹介

2015/02/25 | テクノロジー メディア

2015年2月25日、ドイツ(ミュンヘン/ニュルンベルク)

独インフィニオンテクノロジーズは、「Embedded World Exhibition & Conference」(於:ドイツ ニュルンベルク)で、パートナー企業の開発による、スマートホーム アプリケーション向けのデバイスID管理ソリューション「iBadge」を紹介しました。この「iBadge」は、プラグ アンド プレイ型のソリューションとして、インターネット経由のやり取り(IoT;Internet Of Things)でデイバスのセキュアな接続を実現します。「iBadge」を使用すれば、スマートフォンのアプリやクラウド型サービスを経由し、ホームネットワークへと安全、快適にアクセスを行い、帰宅途中の遠隔操作により暖房の電源をオンにすることや、旅行中に自宅用監視カメラの映像を確認することが可能です。

IoTにおいては、不正サービスや偽造デバイスの使用に伴うセキュリティ上の脅威に対抗するため、デバイスのIDと管理が不可欠な要素となっています。モバイルデバイスやスマートカード、そして家電製品でも、脅威を阻止するには、ネットワーク型システムへの認証アクセスを行う前に、セキュアなID識別が必要です。「iBadge」ソリューションの核を担っているのは、インフィニオンの認証チップ「OPTIGA™ Trust」です。スマートな暖房システムや照明システム、監視カメラにこのセキュリティチップを組み込むことで、こうしたデバイスにネットワークのアクセス権限があることを証明できます。

インフィニオンのユーゲン シュパンコッフ(Juergen Spaenkuch)(プラットフォーム セキュリティ担当バイスプレジデント兼責任者)は、次のように述べています。「システムに関する当社の深い理解と、カスタムメイドのセキュリティ製品によって、パートナー企業は、スマートホーム アプリケーション向けのプラグ アンド プレイ型ソリューションを設計できます。『iBadge』ソリューションもまた、インフィニオンの『Product-to-System(システムを理解し、製品を開発すること)』というアプローチを裏付ける絶好の事例であり、ご家庭のスマートホーム ソリューションを安全・快適にご利用いただけるという点では、当社のお客様はもとより、一般消費者の皆様にとっても大きなメリットとなります」

市場調査会社のガートナーによると、一般消費者部門で使用されるネットワーク型デバイスの数は、2015年には29億個に上り、2020年には130億個以上まで増加すると予想されます。

クラウド型スマートホーム アプリケーションで「iBadge」を活用
今日の市販ソリューションと比べ、「iBadge」では、デバイスのID管理がより安全・簡単に行えるとともに、生産プロセス中の手作業も少なくてすみます。「iBadge」の評価ボードは、マイクロコントローラ ユニット、ワイヤレスモジュール、ホストインターフェイス、「OPTIGA Trust」認証チップからなる、IoTのシステム イン パッケージ(SiP)の形で提供されます。そのため、本ソリューションを使用することで、IoTデバイスのメーカーと従来の家電メーカーは、「iBadge」を短期間で自社製品に組み込むことが可能です。

「iBadge」ソリューションでインフィニオンの「OPTIGA Trust」認証チップを使用することで、ユニークチップID、強力な非対称認証(ECC-163)、各アプリケーション向けのセッション鍵、専用のデジタル証明書「ODC(OPTIGA Trust Digital Certificate)」を活用できます。一意の識別子と暗号鍵は、認証済みのセキュアな生産プロセスを通じ、チップ上に保存されます。

「iBadge」は、アプリ/クラウドサービス プロバイダのTeamsourcing社、システム イン パッケージ ソリューションに特化したチップ プロバイダのAcSiP社との緊密な協力により、台湾の組み込みセキュリティ企業、IKV-Tech社が開発と設計を手がけました。

評価ボードは、要望に応じて提供しています。

詳細については、 www.infineon.com/iot-security  および http://www.ikv-tech.com/en/product/solution/ibadgeをご覧ください。

 

インフィニオンについて

インフィニオン テクノロジーズ(Infineon Technologies AG)は半導体分野の世界的リーダーです。インフィニオンはエネルギー効率、モビリティ、セキュリティという、現代社会が抱える3つの大きな課題に応えています。2014会計年度(9 月決算)の売上高は43億ユーロ、従業員は世界全体で約2万9,800人です。インフィニオンは2015年1月、パワー半導体技術の有数のプロバイダーであり、11億米ドル(6月29日を期末とする2014会計年度)の売上高と約4,200人の従業員を持つ米国企業のインターナショナル・レクティファイアーを買収しました。

インフィニオンは、ドイツではフランクフルト株式市場(ticker symbol:IFX)、米国では店頭取引市場(ticker symbol:IFNNY)のOTCQX に株式上場しています。

インフィニオンについての情報は次のURLをご参照ください。
本社サイト:  http://www.infineon.com/
日本法人サイト: http://www.infineon.com/cms/jp/

 

Information Number

INFCCS201502-034

Press Photos

  • “iBadge” is a partner-developed plug and play solution for device identity management in the Internet of Things (IoT). With “iBadge”, users can comfortably and securely access their home networks via smart phone apps and cloud-based services to remotely switch on heating on the way home or access video surveillance while travelling.
    “iBadge” is a partner-developed plug and play solution for device identity management in the Internet of Things (IoT). With “iBadge”, users can comfortably and securely access their home networks via smart phone apps and cloud-based services to remotely switch on heating on the way home or access video surveillance while travelling.
    OPTIGA_Trust_for_iBadge

    JPG | 364 kb | 2126 x 1417 px