実用的なデュアルホールの量産化:2枚の垂直ホールプレートを搭載した、インフィニオンの「TLE4966V」ホールセンサ、速度と方向を計測

2014/06/04 | テクノロジー メディア

2014年6月4日、ノイビーベルク(ドイツ)

 

将来的に、電動ウィンドウリフトや電動トランクリフトのシステム設計は、これまでとは全く異なるものになるでしょう。また、サンルーフやシート調整機能といった、ス ペースに制限のある他の車載用アプリケーションでも、メリットが得られるようになります。

 

独インフィニオン テクノロジーズは、垂直デュアルホール センサ「TLE4966V」によって、これを実現します。これまで、回転方向と回転速度の情報提供には、2つのセンサが必要でしたが、本 デュアルホール センサは、1つのデバイスでこれに対応します。この結果、システムメーカーのセンサコストは、平均30%削減され、テスト、組立時間は、最大50%短縮されます。「TLE4966V」の 消費電力は4mA~7mAで、電力重視の電子車載用システムのみならず、エスカレーターや電動カーテン/ブラインドにも適しています。インフィニオンは、車載用センサの市場リーダーであり、前世代製品となる「 TLE4966」を通じ、自動車の電動ウィンドウリフトでの業界標準を確立しています。

 

センサ、測定、テスト技術の代表的な国際見本市「Sensor+Test 2014」(於:ニュルンベルク、会期:2014年6月3日~5日)では、「TLE4966V」の量産開始を記念したキックオフ イベントを行いました。

 

「TLE4966V」によって、PCB設計が簡素になり、テスト、組立コストも削減
「TLE4966V」では、インフィニオンは2枚のホールプレートの方向を水平方向から垂直方向に変えました。これによって、「TLE4966V」は、センサパッケージ面に平行な磁界を検出し、回 転方向、回転速度に関する情報を提供します。これまで、こうした作業には、2つのセンサが必要でした。この、単一のシリコンダイ上に集積された、2枚の内蔵垂直ホールプレートは、製品寿命全体を通じ、温 度とストレス動作が同じで、感度が変化することもありません。

 

2枚のホールプレート間には距離があるため、指定した任意の時間で、微妙に異なる信号が検出されます。そして、回転方向が変わると、位相差の極性が変化します。「TLE4966V」は、こ うした変化を検出し、これに応じた信号を提供します。本製品には、2つの信号出力があります。1つの信号は、ポールホイールの回転方向を、もう1つは、帯磁したポールホイールの回転速度を検出します。この信号は、 磁場の極性が変化するごとに送出されます。

 

「TLE4966V」は、オンチップで信号処理を実行します。これによって、システム設計者には、大きなメリットが得られます。というのも、わずか20µs内で情報が得られるほか、マ イクロコントローラのプログラミングの必要はありません。これに伴い、プログラミングのエラーが発生せず、システムの品質が向上します。「TLE4966V」では、定電圧化されていない電源での動作が可能で、3 .5V~32Vのシステムに対応します。

 

「TLE4966V」が量産出荷を開始
「TLE4966V」の量産出荷は、2014年6月に開始します。パッケージは、6ピンのThin Small Outline Package(TSOP-6)で提供されます。

 

インフィニオンが「Sensor+Test 2014」(於:ニュルンベルク、会期:2014年6月3日~5日)に出展

インフィニオンは、「Sensor+Test 2014」見本市にて「TLE4966V」と、車載用、産業用アプリケーション向けのホールセンサ/圧力センサのポートフォリオの展示を行いました。

 

車載用、産業用アプリケーション向けに、広範なセンサ ポートフォリオを提供するインフィニオン
インフィニオンのホールスイッチ センサ ポートフォリオは、単極およびオムニポーラ スイッチと、双極ラッチで構成されており、BLDCモータ制御、位置検出、イ ンデックスカウントなどの用途に適しています。また、低消費電力、傑出した磁気精度、電気妨害への耐性を実現できるよう設計されています。インフィニオンのホールスイッチは、電圧インターフェイス( オープンドレイン)または2ワイヤの電流インターフェイスを備えています。センサには、小型SMDパッケージとスリムなリード付きパッケージが用意され、柔軟性の高い設計が可能です。

 

インフィニオンのセンサ ポートフォリオの詳細については、 www.infineon.com/hall-switchesをご覧ください。 「TLE4966V」垂直ホールセンサの詳細については、 w ww.infineon.com/vertical-hallをご覧ください。

インフィニオンについて

インフィニオン テクノロジーズ(Infineon Technologies AG)は、ドイツのノイビーベルクに本社を置き、 エネルギー効率モビリティセキュリティという現代社会が抱える3つの大きな課題に対応する半導体およびシステムソリューションを提供しています。 2013会計年度(9 月決算)の売上高は38億4000万ユーロ、従 業員は世界全体で約2万6,700人です。インフィニオンは、ドイツではフランクフルト株式市場、米国では店頭取引市場のOTCQX に株式上場しています。

 

インフィニオンについての情報は次のURLをご参照ください。

本社サイト: http://www.infineon.com

日本法人サイト: http://www.infineon.com/jp

Information Number

INFATV201406.042

Press Photos

  • The TLE4966V is a vertical dual-Hall sensor for detecting rotation direction and speed. It is well-suited for energy-sensitive automotive systems such as electronic trunk lifts, power window lifts, sun roofs, and electronic seat adjustment. In non-automotive applications, it is an excellent solution for escalators and electric window blinds, and shades.
    The TLE4966V is a vertical dual-Hall sensor for detecting rotation direction and speed. It is well-suited for energy-sensitive automotive systems such as electronic trunk lifts, power window lifts, sun roofs, and electronic seat adjustment. In non-automotive applications, it is an excellent solution for escalators and electric window blinds, and shades.
    TLE4966V

    JPG | 373 kb | 2126 x 1831 px