インフィニオン、Fairchildとの訴訟で和解に合意

2009/12/28 | テクノロジー メディア

ノイビーベルク(ドイツ)

独インフィニオンテクノロジーズは本日、Fairchild Semiconductorとの特許侵害訴訟で和解に達したと発表しました。インフィニオンは2008年11月、米 国デラウェア州地方裁判所にてFairchildへの訴訟を提起しました。訴訟および反訴の対象となった特許は、スーパージャンクション・パ ワートランジスタとトレンチパワーMOSFETおよびIGBTパワートランジスタに関連する14件の特許で構成されます。

今回の訴訟は、半導体技術に関する広範な特許クロスライセンスを通じ、和解に至りました。合意の一環として、Fairchildは、インフィニオンへの支払を行います。具体的な合意条件については、非 公開となっています。インフィニオンとFairchildは、両社が和解したことを米国デラウェア州地方裁判所に通知し、棄却条項を提出します。

半導体業界の世界的リーダーであるインフィニオンは現在、多数の半導体企業と特許ライセンスに関する協議を行っています。インフィニオンはこうした協議について、自 社の知的財産と事業利益を継続的に保護する上で欠かせないものと考えています。

インフィニオンについて

インフィニオンテクノロジーズ(Infineon Technologies AG)は、ドイツのノイビーベルクに本社を置き、エネルギー効率、コミュニケーションズ、セ キュリティという現代社会が抱える3つの大きな課題に対応する半導体およびシステムソリューションを提供しています。2009会計年度(9月決算)の売上高は30.3億ユーロ、従 業員は世界全体で約2万5,650人でした。インフィニオンは世界的に事業を展開しており、米国ではカリフォルニア州ミルピタス、アジア太平洋地域ではシンガポール、そ して日本では東京の各子会社を拠点として活動しています。インフィニオンは、ドイツではフランクフルト株式市場、米国では店頭取引市場のOTCQXに株式上場されています。
インフィニオンについての情報は次のURLをご参照ください。
本社サイト: http://www.infineon.com  
日本法人サイト: http://www.infineon.com/jp  

Information Number

INFXX200912.020