インフィニオン、ID/決済アプリケーション向けに卓越した非接触製品を提供 革命的なセキュリティ機能を実現したデュアル・インターフェイス・チップカード・マイコン新製品「SLE 78CL」

2009/11/17 | テクノロジー メディア

ノイビーベルク(ドイツ)/パリ(フランス)

独インフィニオンテクノロジーズは、「Cartes & Identification」見本市にて、非 接触型チップではこれまで知られていなかったデジタルセキュリティ機能を搭載した高セキュリティのデュアル・インターフェイス・マイクロコントローラ・ファミリを発表しました。これは、卓越した非接触性能で、当 社が技術革新を継続していることの裏付けとなります。新製品の「SLE 78CL」(CL=非接触(contactless))ファミリは、インフィニオンが開発し、チップカード業界が「最高のハードウェア・イ ノベーション」と認めた、受賞歴を誇る「Integrity Guard(インテグリティ・ガード)」ハードウェア・セキュリティ技術を採用しています。「SLE 78CL」ファミリによってインフィニオンは、ス マートカード形状、およびそれ以外のフォームファクターでも次世代の政府系ID/決済アプリケーションに対応します。

ハードウェアベースのセキュリティは、今後10年間のICカードとセキュリティのプロジェクトでこれまで以上に大きな差別化要因となっていきます。とりわけ、最長10年、ま たはそれ以上の期間で保管される電子政府文書では、チップレベルの保護技術で永続的な基盤が要求されます。長期的なセキュリティと、卓越した非接触性を誇る堅牢かつ高品質な製品を実現できることが、敏 感かつハイエンドなセキュリティID/決済市場で成功するための重要な要素となります。

非接触型セキュリティ・マイクロコントローラの「SLE 78CL」ファミリでこうした市場の要件に応えるインフィニオンは、包括的なエラー検出機能と、データ・パ ス全体の完全なオンチップ暗号化を実現します。データ・パスは、すべての「SLE 78CL」製品で一般的なデュアルCPUと、すべてのメモリ(EEPROM、フラッシュ、ROM、RAM)、キャッシュ、バ スを対象とします。

デュアルCPUは、個別の暗号鍵によるハードウェア暗号化計算を活用し、それぞれの演算を連続的に照合することでエラー状態を特定します。この高セキュリティ・マイクロコントローラは、エ ラーや攻撃の試みを検出すると、演算を継続するか、警告を発して演算を自動停止させるかを決定することができます。

「SLE 78CL」ファミリは、「Integrity Guard」技術と高度な低消費電力アーキテクチャの融合により、非接触型アプリケーションで高セキュリティを実現するほか、電 力消費と時間的制約に関して、いかに厳格な要件にも従うことができます。低消費電力アーキテクチャにとって欠かせないメカニズムの1つが、「SLE 78CL」チ ップの内部データ処理速度をリーダーライタから得られるエネルギーに合わせる自動調整機能です。これによって、マイクロコントローラは磁界強度が非常に低い場合でも演算を開始できます。ス マートカードと電子政府向けID機器は一般的にバッテリを内蔵しておらず、読み取り機器の電波が非接触型チップの演算向けにエネルギーを供給します。

グローバルな相互運用性を実現するため、「SLE 78CL」チップは、ISO/IEC 14443のType BやType Aをはじめ、あらゆる種類の非接触近接型インターフェイスに対応します。 非接触方式による最大848kbpsの伝送速度により、処理時間が大幅に短縮され、電子パスポートなどで大量のデータセットが転送される場合でも、利便性の高いインタラクションが実現します。

これらの製品は、Common Criteria EAL 5+ highの認定プロセスとEMVCoの認証プロセスを受けています。

「SLE 78CL」非接触型ファミリの出荷予定
「SLE 78CL」セキュリティ・マイクロコントローラ・ファミリの6製品は、本日提供を開始しました。これらの機器は、EEPROMサイズが異なり、プログラムコード(例:OS)用 のROMのメモリ容量は244~288kb、データ保存用のEEPROMは36kb~144kbです。3-DES(Triple Data Encryption Standard)、AES(Advanced Encryption Standard)、RSA(Rivest, Shamir, Adlemen)、ECC(Elliptic Curves Cryptography)といった対称・非 対称の暗号演算向けの専用コプロセッサによって、高速データ処理が可能です。

詳細情報
「Cartes & Identification」見本市(於:Paris-Nord, Villepinte Exhibition Centre、会期:2 009年11月17日~19日)に関する情報は、下記サイトをご参照ください。
www.cartes.com  

「Cartes & Identification」見本市のインフィニオン・ブースは、ホール4、ブース#4L 014です。その詳細情報については、下記サイトをご参照ください。
  www.infineon.com/cartes .

インフィニオンの「SLE 78」および「SLE 78CL」セキュリティ・マイクロコントローラ・ファミリと、同社のチップカードICおよびセキュリティICのポートフォリオについての詳細は、下 記サイトをご参照ください。
www.infineon.com/sle78  
www.infineon.com/security  

インフィニオンについて

インフィニオンテクノロジーズ(Infineon Technologies AG)は、ドイツのノイビーベルクに本社を置き、エネルギー効率、コミュニケーションズ、セ キュリティという現代社会が抱える3つの大きな課題に対応する半導体およびシステムソリューションを提供しています。2008会計年度(9月決算)の売上高は43億ユーロ、従 業員は世界全体で約2万9,100人でした。インフィニオンは世界的に事業を展開しており、米国ではカリフォルニア州ミルピタス、アジア太平洋地域ではシンガポール、そ して日本では東京の各子会社を拠点として活動しています。インフィニオンは、ドイツではフランクフルト株式市場、米国では店頭取引市場のOTCQXに株式上場されています。
インフィニオンについての情報は次のURLをご参照ください。
本社サイト: http://www.infineon.com  
日本法人サイト: http://www.infineon.com/jp  

Information Number

INFCCS200911.010