インフィニオン、中国最大の非接触型交通カード「深圳通」にセキュリティチップを供給

2008/08/12 | ビジネス&フィナンシャルプレス

深圳(中国)/ノイビーベルク(ドイツ)

チップカード用ICの世界的リーディングサプライヤである独インフィニオンテクノロジーズは本日、2 008年の中国最大の非接触型マイクロコントローラ交通カードにチップの独占供給を行うと発表しました。公共交通企業である深圳通有限公司は、深圳市を対象とした「深圳通」マイクロコントローラ・カ ードを過去6カ月間で200万枚以上発行しており、これにはインフィニオンのセキュリティ・マイクロコントローラが搭載されています。こうしたマイクロコントローラ・カードの発行数量は、2 008年末までに300万枚を上回る見込みです。

香港北部、通勤圏内に位置する深圳は、世界有数の急成長都市であり、中国本土では上海に次いで取扱量の多い港を有しています。流動的な居住者を含む人口は約1,200万人に上ります。深圳は、最 新のスマートカード技術を採用し、中国の都市として交通システムをいち早くアップグレードしました。

「深圳通」マイクロコントローラ・カードは、公共交通機関用の乗車券に加え、店頭での商品の支払いにも使用可能なマルチアプリケーション・カードです。公共交通分野では、地下鉄と1万台以上のバスが「 深圳通」カードの使用に対応しています。さらに、少額決済分野では、スーパーマーケット、ショッピングモール、コンビニエンス・ストア500店舗以上が、最大1,000人民元(約16000円)までの決済で「 深圳通」カードを既に使用しています。

2011年までには、すべての地下鉄と公共バスで「深圳通」カードの完全導入を果たし、民間のレンタカーや小売店にも導入を拡大しつつ、3,000店舗を上回る導入店舗数を達成するというのが、深 圳通有限公司の計画です。これらを合算すると、今後3年間のマイクロコントローラ・カードの発行予定枚数は800万枚以上に上ります。

深圳通有限公司のジャー・ジュン・ガン(Dr. Jia Jun Gang)氏(ゼネラルマネージャ)は次のように述べています。「当社では、深圳市民への利便性の提供とサービスの向上だけでなく、複 数のセキュアなアプリケーションを実現する実装プラットフォームとしても、この最新の非接触型マイクロコントローラ技術を活用することにしました。インフィニオンの『SLE 66PE』プ ラットフォームを選択するという正しい決断を下せたこと、そして、システム全体がスムーズに稼働していることを嬉しく思います。」

インフィニオンのヘルムート・ガッセル(Dr. Helmut Gassel)(チップカード&セキュリティIC事業ユニット バイスプレジデント兼ゼネラルマネージャ)は 次のように述べています。「メモリ方式のスマートカードに比べると、セキュリティ・マイクロコントローラを搭載したカードはセキュリティ・レベルが高く、マルチアプリケーションには欠かせない製品です。『深圳通』 プロジェクトを契機に、中国全域でも同様の非接触型交通スマートカードが導入される可能性がありますが、願わくは都市間の相互運用性を実現したいところです。『深圳通』プロジェクトの実施に参加できたことを、心 から誇りに思います。」

中国の交通市場におけるインフィニオンの「SLE 66PE」非接触型セキュリティ・マイクロコントローラ
「深圳通」カードは、インフィニオンの「SLE 66PE」製品ファミリの非接触型セキュリティ・マイクロコントローラを活用しています。「SLE 66PE」ファミリは、基本的なカード・シ ステムから高セキュリティのカード・システムまでを対象とする包括的な製品ポートフォリオであり、すべての主要な近接型インターフェイス(ISO/IEC 14443 Type B, Type A、I SO/IEC 18092パッシブモード、Mifare®エミュレーション)をシングルチップでサポートします。また、世界の主要な
交通規格にも準拠しており、最大848kビット/秒のボーレートで動作します。既存のMifareメモリカードを使用したシステムは、「SLE 66PE」にアップグレードすることで、実 装時の柔軟性、セキュリティと、既存のリーダ・インフラストラクチャとの相互運用性をさらに向上できます。「SLE 66PE」非接触型コントローラ・ファミリは、最高のセキュリティ認定であるCommon Criteria EAL 5+ high (PP0002)とEMVCo認定を取得しています。

インフィニオンのチップカードICの製品ラインナップの詳細については、インフィニオンのウェブサイトをご参照ください。
www.infineon.com/security 

インフィニオンについて

インフィニオンテクノロジーズ(Infineon Technologies AG)は、ドイツのノイビーベルクに本社を置き、エネルギー効率、コミュニケーションズ、セ キュリティという現代社会が抱える3つの大きな課題に対応する半導体およびシステムソリューションを提供しています。2007会計年度(9月決算)の売上高は77億ユーロ(キマンダの売上高36億ユーロを含む)、 従業員は世界全体で約4万3,000人(キマンダの従業員約1万3,500人を含む)でした。インフィニオンは世界的に事業を展開しており、米国ではカリフォルニア州ミルピタス、ア ジア太平洋地域ではシンガポール、そして日本では東京の各子会社を拠点として活動しています。インフィニオンは、フランクフルトとニューヨークの証券取引所に株式上場されています。イ ンフィニオンについての情報は次のURLをご参照ください。
本社サイト: http://www.infineon.com
日本法人サイト: http://www.infineon.com/jp

Information Number

INFAIM200808.085