インフィニオンが、ボッシュ社のサプライヤ賞を受賞

2007/07/10 | テクノロジー メディア

ノイビベルグ(ドイツ)

独インフィニオンテクノロジーズは、 ロバート・ボッシュ社(Robert Bosch GmbH)から、2005年および2006年度の「ボッシュ・サプライヤ・アワード(Bosch Supplier Award)」を受賞したと発表しました。ボッシュは、製品ならびにサービスの創造と供給(特に信頼性と品質)におけるインフィニオンの優れた業績を評価し、今回この賞を授与しました。さらに評価基準には、コ ミュニケーションや協力体制、さらにサプライヤが常に継続的な改善に意欲を持っているかが含まれます。インフィニオンは、「電子部品(Electronic Components)」部門で受賞しました。

ボッシュは1987年にサプライヤ賞を設置し、今回で11回目となります。インフィニオンの同賞授賞は4回目です。ボッシュは世界中のサプライヤを対象とし、二年ごとにこの賞を授与しています。今 年は、電子部品(electronic components)、機械・電気機械(mechanical and electromechanical components)、サービス(services)、製 品(merchandise)、資本財(capital goods)の5分野で、14カ国の47企業が受賞し、2007年7月4日にドイツのシュトゥットガルトのシュターツギャラリーで表彰されました。

今回受賞したサプライヤのリストは、ロバート・ボッシュ社のホームページに掲載されています。 www.bosch.com

インフィニオンについて

インフィニオンテクノロジーズ(Infineon Technologies AG)は、ドイツのノイビベルグに本社を置き、エネルギー効率、コネクティビティ、セ キュリティという現代社会が抱える3つの大きな課題に対応する半導体およびシステムソリューションを提供しています。2006会計年度(9月決算)の売上高は79億ユーロ(キマンダの売上高38億ユーロを含む)、 従業員は世界全体で約4万2,000人(キマンダの従業員約1万2,000人を含む)でした。インフィニオンは世界的に事業を展開しており、米国ではカリフォルニア州ミルピタス、ア ジア太平洋地域ではシンガポール、そして日本では東京の各子会社を拠点として活動しています。インフィニオンは、フランクフルトとニューヨークの証券取引所に株式上場されています。イ ンフィニオンについての情報は次のURLをご参照ください。
本社サイト: http://www.infineon.com
オンラインのニュースリリース: http://www.infineon.com/jp

Information Number

INFAIM200707.072j