インフィニオンとビデアンティス、マルチスタンダードのビデオプロセシングソリューションで65nmプラットフォームを検証

2007/01/24 | テクノロジー メディア

独インフィニオンテクノロジーズと独ビデアンティス(videantis GmbH)は、65nmプロセスによる最先端の高性能低消費電力CMOS技術を採用した、マ ルチスタンダード対応ビデオプロセシングソリューションの構築に成功したと発表しました。インフィニオンは、IBM、チャータード・セミコンダクターズ、サ ムスン電子との最先端の65/45nm開発アライアンスを通じ、65nmプロセス技術の開発を行いました。IC(集積回路)の製造は、シンガポールのチャータードで行われました。

このチップはビデアンティスが開発したもので、携帯電話向けマルチメディアアプリケーション用に設計されており、チ ップはv-MP2000Mマルチスタンダードビデオエンジンのマルチコア構成となっています。すべての機能がプログラマブルであるため、各種ビデオ圧縮・伸長技術(H.264/AVC、MPEG-4、W MV9/VC-1、MPEG-2)をはじめ、トランスコーディング、スケーリングやブレンディングなどのビデオエンハンスメントにも対応しています。チップサイズは1平方ミリメートル未満、動 作周波数は300MHz以上をサポートするこのビデオエンジンは、DTC(デザイン・ツー・コスト)に適した携帯電話から高精細テレビまで、幅広いアプリケーションに適しています。

インフィニオンとビデアンティスの共同プロジェクトの成果は、電力効率の高いインフィニオンの65nmプロセス技術の優れた性能を改めて示すもので、H .264ベースラインプロファイルをD1分解能でデコードする処理を、v-MP2000Mコア一つで15mWという極めて低い消費電力で実現します。

今回のビデアンティスのビデオプロセッサは、最先端のアプリケーションを低消費電力で実現する優れたチップ性能と、「first-time-right」(最初から完成品に仕上げられる能力)を 実現する設計システムをあわせ持つインフィニオンの65nmプラットフォーム技術の優位性を証明しています。

ビデアンティスについて
ドイツのハノーバーに本社を置くビデアンティスは、モバイル用・家 庭用のマルチメディアアプリケーションおよびカスタムマルチメディアアプリケーションのソフトウェアソリューションとチップ、シリコンIPのリーディングプロバイダです。ビデアンティスでは、ア プリケーションに適合しながら完全にプログラマブルなアーキテクチャ、最適化したアプリケーションのポートフォリオと、システム・オン・チップ統合サービスのノウハウを組み合わせ、ワ ンストップ型のビデオソリューションを提供しています。アプリケーションごとに最適化したプロセッサプラットフォームのファミリを持ち、H.264/AVC、MPEG-4、H.263、DivX、W MV9/VC-1、MPEG-2など、最先端のビデオコーティング規格およびビデオエンハンスメントに対応したマルチスタンダードのビデオIPソリューションのライセンス供与を行っています。急 成長を続けるビデアンティスでは、技術系の人材拡充に努めています。詳細情報は、下記サイトをご参照ください。
http://www.videantis.com

 

インフィニオンについて

インフィニオンテクノロジーズ(Infineon Technologies AG)は、ドイツのミュンヘンに本社を置き、エネルギー効率、モビリティ、安 全性とセキュリティという現代社会が抱える3つの大きな課題に対応する半導体およびシステムソリューションを提供しています。2006会計年度(9月決算)の売上高は79億ユーロ( キマンダの売上高38億ユーロを含む)、従業員は世界全体で約4万2,000人(キマンダの従業員約1万2,000人を含む)でした。インフィニオンは世界的に事業を展開しており、米 国ではカリフォルニア州サンノゼ、アジア太平洋地域ではシンガポール、そして日本では東京の各子会社を拠点として活動しています。インフィニオンは、フ ランクフルトとニューヨークの証券取引所に株式上場されています。インフィニオンについての情報は次のURLをご参照ください。
本社サイト: http://www.infineon.com
オンラインのニュースリリース: http://www.infineon.com/jp
 

Information Number

INFCOM200701.036