独コムネオンと、米グローバルロケートの共同発表: コムネオンとグローバルロケートが3G携帯電話用の包括的な A-GPSハードウェア/ソフトウェアシステムソリューションを発売

2006/12/05 | テクノロジー メディア

A-GPS(Assisted-GPS)製品とサービスのリーダーである非公開会社の米グローバルロケートと、モバイル通信用プロトコルスタック・ソフトウェアの大手サプライヤである独コムネオン( Comneon GmbH)は本日、世界初のシングルダイCMOS GPS受信ICである、独インフィニオンテクノロジーズの「Hammerhead」チップのソフトウェアサポートを内蔵したプロトコルスタック・ ソフトウェアの発売を発表しました。コムネオンによるこのソフトウェアソリューションを使用することで、携帯電話機メーカーは、ソフトウェアを新たに開発することなく、RRLP(Radio Resource Location Protocol)、RRC(Radio Resource Control)、SUPL(Secure User Plane Location)と いったA-GPS用の各種規格に対応したハンドセットを提供することができます。このソリューションセットは、E911(緊急通話)アプリケーションとLBS(位置情報サービス)ア プリケーションのいずれにも対応するようすべてのGPS動作モードをカバーしています。

A-GPSは従来のGPSサービスの限界を克服しています。標準的なGPS受信機は、GPS衛星からデータをダウンロードする必要があります。従来のGPS受信機では、自 らの位置を計算するために必要なデータを衛星からダウンロードするのに数分間かかるのが普通でした。A-GPSを使えば、ほんの数秒で同じデータをA-GPSサーバ経由でダウンロードできます。こ れによって携帯電話のGPS受信性能が飛躍的に向上します。

市場調査会社IMSリサーチのパトリック・コノリー氏(GPSアナリスト)は次のように述べています。「ハンドセットメーカーや携帯電話事業者にとって、G PSのアプリケーションとサービスはますます魅力的なものになっています。こうした傾向をもたらしている大きな要因の一つは、ハンドセット設計者の求めるサイズと消費電力の要件を満たすと同時に、米 国E911指令や、携帯電話からの緊急通話の位置特定範囲を定めた日本の指令などの厳しい規制に適合するデバイスが入手できるようになったことです。この点で、コ ムネオンとグローバルロケートが発売するハードウェア/ソフトウェア統合製品は、望ましい方向へ一歩踏み出したものといえるでしょう」

コムネオンのクリスティアン・ムッケ(マネージング・ディレクタ)は次のように述べています。「当社の最先端のA-GPSソフトウェアを、当社製2G/3Gプロトコルスタックに搭載し、イ ンフィニオンの『Hammerhead』GPS ICチップに実装しておくことで、設計時の作業が大幅に軽減され、その結果お客様に低価格の製品を提供することができます。このソリューションは、当 社のGPRS/EDGEおよびUMTSプロトコル製品のコントロールプレーン、ユーザプレーンのいずれのプロトコルにも使用できます」

グローバルロケートのジャビエ・ド・サラ氏(マーケティング・ビジネス開発担当バイスプレジデント)は次のように述べています。「コムネオンのスタックは、SMLC(位置情報サーバ)やSLP( SUPL位置情報プラットフォーム)など、A-GPSの中心的なネットワークエレメントに対する大手メーカーとの徹底的な相互運用性試験を完了しています。これは市場投入期間の大幅な短縮に貢献します。ハ ンドセットメーカーはプロトコルソフトウェアの設計と適合性確認を一から行う手間とコストを省くことができるのです」

「Hammerhead」チップについて
「Hammerhead」は、世界初のシングルダイCMOS GPS受信ICです。グローバルロケートとインフィニオンの継続的なパートナーシップから生まれた「Hammerhead」製品は、M S-A(Mobile Station-Assisted)モード、MS-B(Mobile Station-Based)モード、自律(Autonomous)モード、エンハンスドトラッキング( Enhanced Tracking)モードの各モードをサポートします。業界最高の感度で屋内の奥まった場所での信号追跡を可能にするほか、アシストモードや自律モードに完全対応し、い かなる悪条件の信号環境であっても極めて正確なナビゲーションを実現します。「Hammerhead」のユニークなホストベースのソフトウェアアーキテクチャにより、デバイスのサイズとコストを最小限に抑え、プ ロトコルのメッセージング機能をGPSナビゲーションソフトウェアに直接組み込むことが可能です。詳細情報は、下記サイトをご参照ください。

グローバルロケートについて
グローバルロケート(Global Locate, Inc.)は、無線機器やネットワーク用のA-GPS(Assisted-GPS)製 品とサービスを供給している非公開会社です。本社はカリフォルニア州サンノゼにあり、ニューヨーク大都市圏、東京、台北、マドリッドに販売事務所を持っています。グローバルロケートのA-GPS製品には、「 World Wide Reference Network(WWRN™)」、「A-GPS Server」、「Global Locate® IndoorGPS」集積チップセットなどがあります。詳細情報は、 下記サイトをご参照ください。
www.globallocate.com

コムネオンについて
コムネオン(Comneon GmbH)は、モバイル通信用プロトコルスタック・ソフトウェアの大手サプライヤです。同社は、大小の半導体企業、既存のネットワーク事業者、一 部の大手モバイル端末メーカーなど、さまざまな顧客にソフトウェアのライセンス供与を行っています。独インフィニオンテクノロジーズの100%子会社として、イ ンフィニオンの携帯電話プラットフォーム向けソフトウェアも提供しています。

インフィニオンについて

インフィニオンテクノロジーズ(Infineon Technologies AG)は、ドイツのミュンヘンに本社を置き、エネルギー効率、モビリティとコネクティビティ、安 全性とセキュリティという現代社会が抱える3つの大きな課題に対応する半導体およびシステムソリューションを提供しています。2006会計年度(9月決算)の売上高は41億ユーロ、従 業員は世界全体で約3万人でした。インフィニオンは世界に展開しており、米国ではカリフォルニア州サンノゼ、アジア太平洋地域ではシンガポール、そして日本では東京の各子会社を拠点として活動しています。イ ンフィニオンは、フランクフルトとニューヨークの証券取引所に株式上場されています。インフィニオンについての情報は次のURLをご参照ください。
本社サイト: http://www.infineon.com 
オンラインのニュースリリース: http://www.infineon.com/jp

 

Information Number

INFCOM200612.026