ドイツのパスポートに搭載されるインフィニオン製セキュリティコントローラ

2005/06/02 | テクノロジー メディア

ドイツ政府は2005年11月から電子パスポートの発行を予定しています。これは、偽造や不正使用をほとんど不可能にすることを目指すものです。このパスポートには、ミ ュンヘンに本社を置く半導体メーカーのインフィニオンテクノロジーズが開発した高度にセキュアなチップが使用されます。インフィニオンはまた、IDカードやパスポート用に開発された特殊なチップケースと、ア ンテナおよびチップ接続部を備えたインレイも供給する予定です。ドイツでは現在、約2400万部のパスポートが使用されています。その有効期限は通常10年であり、毎 年約10パーセントが交換ないし新規発行されることになります。

新しい電子パスポートでは、所持者のIDに関する印刷情報(所持者の氏名、生年月日、写真、パスポートの有効期限と番号)がチップにも暗号化して保存されます。遅 くとも2007年3月からは所持者の人差し指の指紋も暗号化された形で保存される予定です。現在の計画によれば、チップは前表紙に見えないように組み込まれます。

ドイツ連邦印刷会社(Bundesdruckerei)がパスポートの製造とバックグラウンドシステムや読み取り装置を含むインフラの供給を行います。イ ンフィニオンはドイツのパスポートへ半導体を供給する2社のうちの1社です。

パスポートの高度なセキュリティ機構
チップ上に保存されたデータは、パスポートが開かれた時だけアクセスが可能になり、認定されたリード/ライト装置へ非接触で送信されます。イ ンフィニオンのチップ内部に最先端技術を適用して形成された50以上にのぼる個別セキュリティメカニズムが、不正な読み出しや操作に対して個人データを確実に保護します。特筆されるのは、デ ータ暗号アルゴリズムにRSA方式を使用していることです。RSAの名称は発明者の名前Ronald L. Rivest、Adi Shamir、Leonhard Adlemanにちなんでいます。ハ ッカーがこのシステムで暗号化されたデータへ単純な試行錯誤によってアクセスしようと望んだとしても、並列動作する10億台の標準PCで約100万年計算を続けることが必要になると見積もられています。チ ップに内蔵のセキュリティメカニズムにはさらに、ハッカーが各種の電圧をかけることによってチップを読み出すことを防止するためのチップ表面のアクティブ保護シールドやセンサなども含まれます。
インフィニオンテクノロジーズのペーター・バウアー(取締役副社長、自動車・産業・マルチ市場事業グループ責任者)は、「ドイツは電子パスポートを最初に導入する諸国に属します。当 社のチップがドイツの新しいパスポートに使用されることは大きな誇りです。当社はチップに可能な限り最善の保護メカニズムを搭載してきました。多数のセキュリティ認証は、イ ンフィニオンのセキュリティコントローラが、国際標準に従って実施された世界で最も厳しいセキュリティ試験に合格したことを証明しています」と、述べました。

導入が進む電子パスポート
入国条件は世界的に2005年末頃から厳しくされる方向にあります。例えば米国は、現在の予定では2005年10月から、ビザ免除特典の諸国から米国へ入国する人々に、個 人データをチップに収めた電子パスポートの所持を要求します。チップ方式のパスポートを所持すれば(ドイツ人にとって)欧州連合以外のほとんどの諸国へもビザなし入国が可能になります。生 体認証ビザを発行するための高額の料金は適用されず、入国審査の時間も短縮されます。
ドイツのパスポートは2004年12月に可決された欧州連合規則に準拠しています。この規則はすべての欧州連合加盟国が2008年1月までに、顔 および指紋の特長が電子的に保存された電子パスポートの発行を開始するよう要求しています。

インフィニオンは、電子パスポートを導入中もしくは国内ないし近隣諸国と共同で実地試験を開始している多くの諸国に、セキュリティチップを供給しています。その例として、イタリア、アラブ首長国連邦、 香港およびマカオ、オーストラリアのICカード形の電子IDカード、ベルギーのIDカード、オランダのパスポート、米国防総省の共通アクセスカードなどがあります。

世界市場を先導するインフィニオン
インフィニオンはICカード用チップに関して数量および金額ベースで世界第1位にランクされています。米国の市場調査機関ガートナーによれば、イ ンフィニオンは2004年までの連続7年間にわたってICカード用チップの市場をリードしてきました。2004年には、全 体で27億個のICカード用チップ市場でインフィニオンは47パーセントにのぼる12億6000万個のチップを供給しました。売 上高では全体で約18億5000万米ドルの市場でインフィニオンのシェアは38パーセントを占めました。

インフィニオンについて

インフィニオンテクノロジーズ(Infineon Technologies AG)は、ドイツのミュンヘンに本社を置き、自動車・産業・マ ルチ市場や通信アプリケーションへ向けた半導体およびシステムソリューションと、メモリ製品を供給しています。米国ではカリフォルニア州サンノゼ、アジア太平洋地域ではシンガポール、そ して日本では東京の子会社を拠点として活動しています。2004会計年度(9月決算)の売上高は71億9,000万ユーロ、2004年9月末の従業員数は約35,600名でした。インフィニオンは、フ ランクフルトとニューヨークの証券取引所に株式上場されています。インフィニオンについての情報は次のURLをご参照ください:
本社サイト:http://www.infineon.com
日本サイト: http://www.infineon.com/jp

Information Number

INFAIM200506.061