インフィニオンがバンガロールにコーポレート・ソフトウェア・グループを新設

2004/11/09 | テクノロジー メディア

独インフィニオンテクノロジーズは本日、インドのバンガロール市にコーポレート・ソフトウェア(CS)グループを設立したことを発表しました。新グループは、イ ンフィニオンを半導体向けの高品質で信頼性の高いソフトウェア・ソリューションのサプライヤとして位置付ける上で重要な役割を果たします。新グループは、ソフトウェア戦略とその遂行を任務として、品質保証、品 質標準、インフィニオン社内のソフトウェア・プロセス、パートナーおよびソフトウェア・ポートフォリオの選定とサポートなど、グローバルな管理機能全体を担います。 

Tコーポレート・ソフトウェア・グループは、無線通信(ハンドセットおよびインフラ)、有線通信、自動車&産業の各分野に最先端のソフトウェア能力を提供していきます。現在、完結したリファレンス・デ ザインを供給するため、低レベル・ドライバの開発、プロトコルとアプリケーションの構築、それらのハードウェア、ファームウェア、デバイス・ドライバへの統合などを進めています。

インフィニオンはサンタナゴパラン・スーリャを、本社コーポレート・ソフトウェア・グループ担当シニア・バイスプレジデント兼責任者と、インド支社マネージング・ディレクタに任命しました。イ ンド支社の同じくマネージング・ディレクタであるトーマス・シモニスが業務管理を担当します。

スーリャは、インフィニオンに入社する前は、モトローラ・マレーシアでマネージング・ディレクタの職務に就いていました。その主要任務は、マレーシアにおけるモトローラのソフトウェア・デ ィビジョンの設立でした。スーリャはさらに、モトローラの4大陸10カ国におけるソフトウェア事業の責任者も務めていました。

インフィニオンについて

インフィニオンテクノロジーズ(Infineon Technologies AG)は、ドイツのミュンヘンに本社を置き、自 動車および産業分野や有線通信市場のアプリケーションへ向けた半導体およびシステムソリューション、セキュア・モバイル・ソリューション、メモリ製品などを供給しています。米国ではカリフォルニア州サンノゼ、ア ジア太平洋地域ではシンガポール、そして日本では東京を拠点として活動しています。2004会計年度(9月決算)の売上高は71億9,000万ユーロ、2004年9月末の従業員数は約35,600名でした。イ ンフィニオンは、フランクフルトとニューヨークの証券取引所に株式上場されています。
インフィニオンについての情報は次のURLをご参照ください:
本社サイト: http://www.infineon.com

Information Number

INFXX200411.016

Press Photos

  • Santanagopalan Surya, Vice President and Head of Corporate Software (CS) of Infineon Technologies AG, Munich, Germany and Managing Director of Infineon Technologies India Private Limited
    Santanagopalan Surya, Vice President and Head of Corporate Software (CS) of Infineon Technologies AG, Munich, Germany and Managing Director of Infineon Technologies India Private Limited
    Press Photo

    JPG | 572 kb | 1603 x 2185 px

    Press Photo

    JPG | 6 kb | 117 x 160 px