中興通訊が音声/ADSL2+統合ラインカードにインフィニオンのチップセットを採用

2004/06/21 | テクノロジー メディア

独インフィニオンテクノロジーズは、中国の大手通信機器サプライヤである中興通訊(ZTE)が、マルチサービス・アクセス・ネットワーク(MSAN)ラインカードに、イ ンフィニオンのADSL2/ADSL2+チップセット「GEMINAX MAX」および音声処理チップセット「VINETIC」を採用した発表しました。中興通訊の新製品、MSANラインカード「 ZXA10-SU2」は、単一カードで音声とADSL2+ データの統合サービス(Integrated Voice and Data=IVDサービス)を提供するので、各 サービスに別々のカードを使う必要がありません。サービスプロバイダはこの統合ソリューションによって、設置や保守の経費削減をはかることができます。

中興通訊のシュー・ミン(Xu Ming)ゼネラル・マネージャは、「マルチサービス・アクセス・プラットフォームでは、同一のプラットフォームで多様な技術を提供することが求められます。中 国では今なおPOTS(在来電話サービス)を配備中で、回線数の成長率は20パーセントにのぼります。同時に強いDSL需要が存在し、DSLは来年には1,500万~2,000万回線に達すると予想されます。従 って、POTSとDSLの両サービスを同じラインカードで提供するのは当然の帰結です。当社の統合ラインカードは、中国農村部の施設を強化していくでしょう」と、語りました。

インフィニオンの「GEMINAX MAX」チップセットは、最新のADSL、ADSL2、ADSL2+ 国際標準を完全サポートしています。音声処理用の「VINETIC」チ ップセットと組み合わせることにより、IVDサービスをサポートするラインカードのためのモジュール式のハードウェアプラットフォームが提供されます。オプションとして、シームレスなVoP( Voice-over-Packet)機能も提供されます。インフィニオンのスプリッタ内蔵方式の採用により、従 来はADSLラインカードとPOTSラインカードの組み合わせに不可欠だった外部スプリッタと追加の配線が不要となり、材料費と保守費が削減されます。このラインカードは、1 6本のPOTSおよびADSLチャネルを提供し、新設および既設インフラのより効率的な活用を可能にします。

専門調査会社インスタット/MDRのアナリスト、ヘンリー・ゴールドバーグ氏は、「IVDサービスの需要が増大しており、音声とデータの統合サービスには、ADSL2+ のような次世代DSL技術への対応が求められるようになります。当社の予測では、DSLポート数は全タイプを合わせて、2008年にかけて年率20.3パーセントで成長し、2 004年の成長率は40パーセントに達します。ADSLは現在、全バージョンを合計するとDSLポート出荷総数の94パーセントを占めていますが、2008年にかけてもDSLの支配的な形態であり続け、そ の中ではADSL2+ が最も多用されるバージョンになると予想されます」と、述べました。

インフィニオンのクリスティアン・ヴォルフ(有線通信グループ担当副社長兼アクセス事業ユニット・ゼネラルマネージャ)は、「電話会社やISPは、パ ケット音声サービスと高速DSLサービスとを組み合わせた事業モデルへの移行を進めています。インフィニオンは、顧客である機器メーカーがこの動きに対応できるよう、市場投入時間を短縮し、開発費を低減する、市 場で実績のあるシングル・プラットフォームを提供しています」と、語りました。

中興通訊とインフィニオンはこれと別に、2004年第1四半期に、MAN(都市圏ネットワーク)やWAN(広域ネットワーク)に向けたRPR(Resilient Packet Ring:障 害回復機能を持つパケット・リング)ソリューションに関してパートナー契約を結んでいます。

中興通訊の新製品、MSAN ADSL2+ IVDラインカード「ZXA10-SU2」は、シカゴで開催されるスーパーコム(会期:2004年6月20-24日)のインフィニオンのブース(ブース番号:1 2347)に出品されます。

インフィニオンのADSL関係の情報は下記ウェブサイトをご覧ください:
http://www.infineon.com/adsl

中興通訊について
中興通訊(ZTE Corporation)は、世界中のテレコム・キャリアに向けたカスタム・ネットワーク・ソリューションを専門とする、中国最大の上場通信機器メーカーです。 固定通信網、移動通信網、データ網、光通信網、インテリジェント・ネットワーク、次世代ネットワークなどに使用される通信機器の開発および生産を行っています。同社は、1 997年から上海証券取引所に上場されています。詳細は下記ウェブサイトをご覧ください:
http://www.zte.com.cn

インフィニオンについて

インフィニオンテクノロジーズ(Infineon Technologies AG)は、ドイツのミュンヘンに本社を置き、自 動車および産業分野や有線通信市場のアプリケーションへ向けた半導体およびシステムソリューション、セキュア・モバイル・ソリューション、メモリ製品などを供給しています。米国ではカリフォルニア州サンノゼ、ア ジア太平洋地域ではシンガポール、そして日本では東京を拠点として活動しています。2003会計年度(9月決算)の売上高は61億5,000万ユーロ、2003年9月末の従業員数は約32,300名でした。イ ンフィニオンは、フランクフルトとニューヨークの証券取引所に株式上場されています。

Information Number

INFCOM200406.075