オニール社がインフィニオンのエレクトロニクス技術を組み込んだスノーボード用ジャケットを発表未来市場「ウェアラブル・エレクトロニクス」に参入

2004/01/14 | テクノロジー メディア

独インフィニオンテクノロジーズは、高品質スポーツウェアやスポーツギアのリーディング・プロバイダであるオニール・ヨ ーロッパ社との共同開発の成果として、その第一弾となる「ウェアラブル・エレクトロニクス」製品を発表しました。オニール社の仕様にもとづき、イ ンフィニオンは画期的なスノーボード用ジャケットへの組み込みに適したチップ・モジュールを開発しました。苛酷なスノーボード環境に対応できる、「Bluetooth付き携帯電話」や「MP3プレーヤ」な どの機能が、このスポーツウェアに組み込まれています。テクノロジーに敏感なスノーボーダーに向けたこの極めて革新的なジャケットは、「THE HUB」と名付けられ、オニール社の2004/05年度ウィンター・ コレクションに含まれます。

インフィニオンのストラテジー&エマージング・ビジネス部門の責任者、ディーター・マイは、「今回発表した製品によって、エレクトロニクス機能と衣類との完全な融合に向けての土台作りが実を結び始めました。 これはインフィニオンの技術を用いてエレクトロニクス機能を衣類に組み込んだ最初の市販製品であり、半導体業界をリードするソリューション・プロバイダを目指すインフィニオンの目標を改めて強く物語ります。こ の基幹技術は、インフィニオンに新しい市場や販路を切り開きます。インフィニオンの目標は、他に先行する立場を活用し、それらの市場を大いに拡げることにあります」と、語りました。

「THE HUB」スノーボード用ジャケットには、編込まれたキーボードや帽子に内蔵されたスピーカーをチップ・モジュールとつなぐ導電路となる導電性素材が織り込まれています。チップ・モ ジュールにはフル機能のMP3プレーヤとBluetoothモジュールが内蔵されており、このBluetoothモジュールを介してスノーボーダーは携帯電話をコントロールできます。電話をかけるときには、ス テレオシステムがヘッドホンの役割をします。マイクロフォンはジャケットの襟に組み込まれています。

ベンチャー・デベロップメント・コーポレーション(Venture Development Corporation)による最近の調査報告では、「インテリジェント・テキスタイル材料」の 世界全体の市場規模は2007年までに10億ユーロ以上を超えると予想しています。インフィニオンは、その自社技術を発表して以来、繊維業界の200社以上の企業と具体的なプロジェクトを検討してきました。イ ンフィニオンは現在、独ハメルンにあるフォアヴェルク社カーペット工場と協力して、「スマートカーペット」の最初の試作品作りを進めています。

「ウェアラブル・エレクトロニクス」に関する詳細情報の閲覧サイト:
http://www.wearable-electronics.de
一般的なビデオ材料は下記サイトからダウンロードできます:
http://www.thenewsmarket.com

インフィニオンについて

インフィニオンテクノロジーズ(Infineon Technologies AG)は、ドイツのミュンヘンに本社を置き、自 動車および産業分野や有線通信市場のアプリケーションへ向けた半導体およびシステムソリューション、セキュア・モバイル・ソリューション、メモリ製品などを供給しています。米国ではカリフォルニア州サンノゼ、ア ジア太平洋地域ではシンガポール、そして日本では東京を拠点として活動しています。2003会計年度(9月決算)の売上高は61億5,000万ユーロ、2003年9月末の従業員数は約32,300名でした。イ ンフィニオンは、フランクフルトとニューヨークの証券取引所に株式上場されています。

Information Number

INFEB200401.027