インフィニオンがサムスン電子とスマートフォン・システム・ソリューションで提携

2003/02/17 | テクノロジー メディア

独インフィニオンテクノロジーズは、韓国のサムスン電子と、開発期間の大幅な短縮をもたらす、シンビアンOS(基本ソフトウェア)ベースの包括的なスマートフォン・システム・ソ リューションの提供を目的とした提携関係を結んだと発表しました。

現行版のプラットフォームには、サムスンが最近発表したSystem-in Package (SiP) Applica-tion Processorとインフィニオンの総合GSM/GPRSクラス10モデムが含まれています。このプラットフォームでは、シンビアンOS、タップルート・システムズ(TapRoot Systems)社 のテレフォニ用ソフトウェア、パケットビデオ(PacketVideo)社の無線MPEG-4デコーダおよびエンコーダ・ソリューションを採用しています。

サムスン電子のSoC R&Dセンターのヒュンレ・ロ(Dr. Hyung Lae Roh)取締役兼副社長は、「このたびの提携により、よ り多くのマルチメディア機能を持つスマートフォンの設計プラットフォームを提供し、今日のモバイルビジネスのニーズをサポートできます。スマートフォンの設計者は、最新のブラウザを利用したり、デ ジタルカメラやメディア・プレーヤを動作させる、強力で機能豊富なモバイル機器を作れるようになります」と、語りました。

また、インフィニオンのクラウス・ハウ(ワイドエリア無線事業ユニット担当副社長兼ゼネラルマネージャ)は、「インフィニオンの先端的モデム技術とサムスンのアプリケーション・プ ロセッサの豊富なポートフォリオを組み合わせることにより、顧客企業は、スマートフォン分野で大いに成功を収めやすくなります。提供される私どもの共通システムは、顧客企業に対し、開 発期間の大幅な短縮をもたらします」と、述べました。

アプリケーション環境の中核をなすのは、ARM9ベースのアプリケーション・プロセッサ(サムスンのS3C2410)、256MビットNAND Flashおよび256MビットSDRAMが組み込まれた、サムスンのSystem-in Package (SiP) です。SiPの小さいパッケージ寸法(17_17mm、厚み1.4mm)は、所 要スペースと消費電力の大幅な低減をもたらします。

インフィニオンのスモール・フォーム・ファクタ(SFF)型モデム・ソリューションの中核要素は、高集積ベースバンド・コントローラ「E-GOLD+V2」、無線トランシーバ「SMARTi DC」、 パワーマネジメント用IC「E-Power」およびGSM/GPRSプロトコル・スタックです。

スマートフォンの設計には、タップルート・システムズが提供する、GSM/GPRSテレフォニ・モジュール(TSY)を含むテレフォニ用ソフトウェアを採用したシンビアンOSが使われます。こ の開発プラットフォームではまた、静止画像およびビデオ・キャプチャ用カメラ、MPEG-4ビデオ・オン・デマンド(VOD)、MP3プレーヤおよびJPEGイメージビュワなどのマルチメディア機能も使えます。こ れらのアプリケーションはパケットビデオ社によりS3C2410向けに最適化されており、そのマルチメディア諸機能は第3世代携帯電話規格(3GPP)と完全互換性があります。

シンビアンのデビッド・ウッド取締役兼副社長(パートナリング担当)は、「このソリューションは、モバイル市場ですでに80パーセントのシェアを握っているシンビアンのライセンシーに、市 場到達期間短縮とプロジェクト・リスク軽減の面で大きく寄与します」と、述べました。

最初の公開デモが2月18~21日にカンヌ(フランス)で開かれる3GSM世界会議で行われ、試作ボード・レベルのスマートフォンを用いて、サムスンのブース(第2ホール、D57スタンド)と インフィニオンのブース(第1ホール、A19/A20スタンド)の間で音声およびデータの送受信が実演されます。

サムスン電子について
サムスン電子は、半導体、電気通信およびデジタル融合技術の世界的リーダーです。47カ国に89カ所のオフィスを持ち、従業員総数は約6万4,000人にのぼります。先進的な半導体、T FT液晶ディスプレイ、CDMA携帯電話機、モニタおよびVCRの世界有数のメーカーであり、4つの主要事業部門(デバイス・ソリューション・ネットワーク、デジタル・メディア・ネットワーク、テ レコミュニケーション・ネットワークおよびデジタル・アプライアンス・ネットワーク・ビジネス)で構成されています。

デバイス・ソリューション・ネットワーク部門は、産業用やモバイルおよび先進コンピューティング用途向けの半導体およびTFT液晶ディスプレイ製品を専門としており、DRAM、SRAM、デ ィスプレイ・ドライバ用IC、スマートカード用IC、TFT 液晶ディスプレイパネルおよびFlashメモリなどの中核ソリューションをフルラインナップしています。同部門は最大限のカスタマ・サポートのため、海 外11カ所に販売子会社および量産施設を持っています。
ウェブサイト:
http://www.samsungsemi.com

サムスン・セミコンダクターはサムスン電子の完全所有の米子会社で、本社はカリフォルニア州サンノゼにあります。
ウェブサイト:
http://www.usa.samsungsemi.com/

サムスン・セミコンダクター・ヨーロッパはサムスン電子の完全所有の欧州子会社で、フランクフルト(ドイツ)とロンドン(英国)に本社を置き、欧州全域で販売拠点を展開しています。
ウェブサイト:
http://www.samsungsemi.de 

シンビアンについて
シンビアンは、先進的な携帯電話用の世界業界標準OSの開発およびライセンス供与を行っています。世界中の主要携帯機器メーカーがシンビアンOSのライセンスを導入しており、そのなかにはモトローラ、 ノキア、サムスン、シーメンス、ソニー・エリクソンなどが含まれます。全体では、シンビアンOSのライセンシーは、世界の携帯電話機販売総数の80パーセント以上を占めています。

シンビアンの使命は、ライセンシーが競争に勝てる製品を作れるようバックアップし、シンビアンOSを搭載した携帯電話機のグローバル量産市場を築きあげることにあります。公 表されているシンビアンOS搭載機種には、FOMA F2051、ソニー・エリクソンのP800 Smartphone、ノキアの9210シリーズ、7650、3650およびN-Gageなどがあります。2 003年1月時点で、シンビアンのライセンシー9社が20機種のシンビアンOS搭載携帯電話機を開発中でした。
ウェブサイト:
http://www.symbian.com

インフィニオンについて

インフィニオンテクノロジーズ(Infineon Technologies AG)は、ドイツのミュンヘンに本社を置き、自 動車および産業分野や有線通信市場のアプリケーションへ向けた半導体およびシステムソリューション、セキュア・モバイル・ソリューション、メモリ製品などを供給しています。米国ではカリフォルニア州サンノゼ、ア ジア太平洋地域ではシンガポール、そして日本では東京を拠点として活動しています。2003会計年度(9月決算)の売上高は61億5,000万ユーロ、2003年9月末の従業員数は約32,300名でした。イ ンフィニオンは、フランクフルトとニューヨークの証券取引所に株式上場されています。

Information Number

INFSMS200302.045e