インフィニオンテクノロジーズがUSB内蔵セキュリティ・マイコンを発表

2002/04/23 | テクノロジー メディア

チップカード用ICのリーディングプロバイダである独インフィニオンテクノロジーズは、USBインターフェイス内蔵のハイセキュリティ・マイクロコントローラ「USBsec」(型名:S LE66CUX640P)を発表しました。このシングルチップ・マイクロコントローラは、USB対応チップカードやUSBドングルのメーカーに、公開鍵暗号処理、セキュアなネットワーク・ログイン、E コマース認証などに用いられるコスト効率のよいソリューションを提供します。「USBsec」は、チップデバイスの国際基準が定義する最高レベルのセキュリティ機能をサポートできるよう設計されています。そ の採用により、チップカードやドングルなどのUSB接続セキュリティ・トークンの性能は全般的に大幅アップします。

「SLE66CUX640P」マイクロコントローラは、人 間とコンピュータネットワークとの接点にチップベースの電子セキュリティ機能を提供するというインフィニオンの戦略の範囲をさらに広げるものです。内蔵のUSBインターフェイスにより、セキュアなネットワーク・ア クセスおよび認証システムのコストは30%以上低減します。システム設計に、わざわざ別のチップカード・リーダを使用する必要がなくなるからです。ファイルの暗号化、解読、ハッシングなどは、セ キュアなトークンに対して実行されます。トークンの高速交信は、チップカード・アプリケーションではUSBポート対応の廉価な物理的コネクタを介して、また、ドングル・ア プリケーションではシステムのUSBポートで直接行われます。

SLE66CUX640Pのセキュリティ機能
「USBsec」コントローラは、USBドングルおよびUSBチップカード向けのセキュリティ機能に関して、新しい基準を設定します。この製品は、「ITSEC( 情報技術セキュリティ評価基準)」の評価レベルE4に対する保護レベルが「high」であると認定されたコントローラ技術をベースにつくられています。この認定は、国際標準の「Common Criteria( セキュリティ共通評価基準)」の「評価保証レベル」5(EAL5)に相当します。したがって、このコントローラは、チップカード・アプリケーション用デバイスとして最高のセキュリティ評価レベルにあり、電 子署名検証の要件をすべて満たすことが検証されています。

「USBsec」は、セキュアなチップカード・アプリケーション専用に開発されたCPUコアをベースにしており、DES/トリプルDES、RSA暗号化、楕円曲線暗号化およびハッシュ・ア ルゴリズムをサポートする暗号処理機能がハードウェアで実現されています。また、真性の乱数発生器もハードウェアで実現されています。さらに業界最強のDPA/SPA(Differential Power Analysis/Simple Power Analysis)アタック対策が施されています。

インフィニオンは、デジタル署名法で義務付けられたSHA-1およびMD5ハッシュ・アルゴリズムとの互換性を持ったハードウェア型ハッシュ・アクセラレータを提供している唯一の半導体メーカーです。 ハッシュ・アクセラレータの性能は、USB1.1がサポートする最速のデータレートである12Mbpsの速度すら上回ります。このため、USB1.1の最大ペイロードの水準までのストリーミング・ハッシング・レ ートをサポートできます。また、DES/トリプルDESアクセラレータは、USBを介して、3MbpsまでのトリプルDES(Data Encryption Standard)の ストリーミング暗号処理速度が可能です。さらにRSA(Rivest, Shamir, Adleman)暗号処理アクセラレータは、暗号鍵1,024ビットの電子署名を420msで処理します( CRT=中国人余剰定理を用いずに10MHzで実行の時)。また、暗号鍵2,048ビットのRSAアルゴリズムを、CRTを用いて処理することもできます。

「USBsec」には、チップカード・アプリケーション向けとして、デュアル・インターフェイス、ISO7816およびUSB1.1アプリケーションをサポートする、自 動インターフェイス検出メカニズムが組み込まれています。ISO7816リーダに挿入すると、チップカードがチップカードとリーダ間のISO7816コミュニケーションを自動的に確立し、またUSB接続の時には、 USB1.1マスターデバイスとの間にUSB1.1コミュニケーションを確立します。

「SLE66CUX640P」は、ISO7816やUSB1.1インターフェイス以外にも、LED制御や、周辺ユニットの追加接続用I2Cバスのエミュレーションに使用される、3本のGPIO( 汎用I/Oポート)をもつ汎用インターフェイスも別に備えています。このデバイスは、0.25μmプロセス技術を用いて製造され、128KバイトROM、64KバイトEEPROM、4 KバイトRAMのメモリ容量を持っています。

「USBsec」の投入により、インフィニオンは、関連のチップカード・インターフェイスをすべてサポートできるICプロバイダとなりました。すなわち、ISO7816、非 接触インターフェイスISO14443 A、B、C、ならびに USB1.1をすべてサポートします。

「SLE66CUX640P」の評価用サンプルは2002年第3四半期から出荷され、量産開始は2002年第4四半期の予定です。1万個購入時の単価は6.00 米ドル(6.60ユーロ)以 下となる予定です。32KバイトEEPROM内蔵バージョンが2002年末頃から出荷される見込みです。

システム開発者には、ソフトウェアベースのシミュレータや、リアルタイム処理可能なエミュレータ・ツールセットなどを含む、堅牢なツールチェーンが提供されます。このツール群は、「66Plus」シ リーズ向けに提供されている標準ツールチェーンの拡張版です。

「SLE66CUX640P」に関する詳細については、以下のURLをご参照ください:
http://www.infineon.com/security_and_chipcard_ics

インフィニオンについて

インフィニオンテクノロジーズ(Infineon Technologies AG)は、ドイツのミュンヘンに本社を置き、自 動車および産業分野や有線通信市場のアプリケーションへ向けた半導体およびシステムソリューション、セキュア・モバイル・ソリューション、メモリ製品などを供給しています。米国ではカリフォルニア州サンノゼ、ア ジア太平洋地域ではシンガポール、そして日本では東京を拠点として活動しています。2003会計年度(9月決算)の売上高は61億5,000万ユーロ、2003年9月末の従業員数は約32,300名でした。イ ンフィニオンは、フランクフルトとニューヨークの証券取引所に株式上場されています。

Information Number

INFCC200204.041e

Press Photos

  • Single-chip security controller with USB interface, the USBsec, for use in USB dongles and USB chip cards sets new high mark for secure public key cryptography
    Single-chip security controller with USB interface, the USBsec, for use in USB dongles and USB chip cards sets new high mark for secure public key cryptography
    Press Picture

    JPG | 428 kb | 1417 x 1063 px