自動車エンジンの燃費低減と排出削減に寄与するインフィニオンの新型マイクロコントローラ・ファミリ

2002/07/05 | テクノロジー メディア

自動車エレクトロニクスの先導プロバイダである独インフィニオンテクノロジーズは、エンジンおよびトランスミッション制御システム用の次世代マイクロコントローラ開発ロードマップを発表しました。将 来の自動車に採用されるこの新マイクロコントローラ「AUDO-NG」ファミリは、ディーゼルエンジンおよびガソリンエンジン用インテリジェント制御システムの演算頭脳として働きます。性 能や安全性に関する最高度の要件を満たすと同時に、燃料消費を最適化し、有害なエミッション(排出)を最小に抑える役割を担います。

32ビット・コントローラ「AUDO-NG」ファミリは、自動車専用として設計され、現行ソリューションの10倍の演算能力を発揮します。これを使えば、先 進的な直噴システムや電気機械式バルブトレインの制御など、複雑で洗練された機能をこなす革新的なエンジン管理システムを実現できます。また、新機軸のトランスミッション制御システムを開発し、こ れをエンジン管理システムと連携させることも可能となります。「AUDO-NG」ファミリは、通常の量産車から高級な高性能車にいたるまで、全車種のカテゴリにわたって採用できます。

インフィニオンのラインハルト・プロス(自動車&産業用グループCEO=最高責任者)は、「当社の推定では、インフィニオンは、エ ンジンおよびトランスミッション制御システム用マイクロコントローラの分野で、ここ数年間、世界市場で30パーセント以上のシェアを確保しました。AUDO-NGファミリは、エ ンジンおよびトランスミッション制御システム用チップに関する当社の革新的能力、ならびに、システム・オン・チップの設計、品質および信頼性の面における当社の実力をあらためて示すものです」と、語りました。

技術説明
「AUDO-NG」ファミリは、インフィニオンの「TriCore」統合プロセッサ・アーキテクチャに基づく製品です。「TriCore」には、マイクロコントローラ、マイクロプロセッサ、そ してDSP(デジタル信号処理)の各々の長所がシングルコアに集積されています。新ファミリの当初の製品ラインナップは32ビット・コントローラの3製品、すなわち、「TC1766」、「TC1796」、「 TC2700」で構成されます。「TC1766」と「TC1796」はともに「TriCore- 1.3」アーキテクチャをベースとしています。「TC2700」は「TriCore-2」アーキテクチャを採用し、 最大クロック速度は400MHzに達します。

インフィニオンは、さまざまな機能レベルに対応した「AUDO-NG」マイクロコントローラ・ファミリを投入します。これにより自動車用エレクトロニクスメーカーは、高 級車から通常の量産車にいたる全クラスの車種において、各クラスのアプリケーションに最適なマイクロコントローラを選べる柔軟性が得られます。新ファミリの製品はソフトウェアとの互換性を持ち、また、前 世代AUDOファミリである「TC1765」および「TC1775」向けに開発されたアプリケーションもサポートします。

「AUDO-NG」マイクロコントローラの高い演算能力は、高いクロック速度に加えて、チップ・アーキテクチャの向上によって達成されました。後者の例には、オン・チップ・コ ミュニケーション用の高速バスシステムやインテリジェント周辺ユニットがあげられます。拡充された周辺セットには、MultiCANモジュールや革新的な高速シリアル・インターフェイスが含まれます。M ultiCANモジュールは、CAN(コントローラ・エリア・ネットワーク)ノード最大4つとタイムトリガードCAN(TTCAN)機能(従来モデルの10倍の変換速度で動作するA/D変換モジュール)を 備えています。すべての「AUDO-NG」製品に共通のマルチプロセッサ・インターフェイスが採用されています。これは特にパワートレイン・アプリケーションの要件に配慮したものです。こ のインターフェイスにより、複数の「AUDO-NG」マイクロコントローラ同士のデータストリーム交換が可能となります。これは、将 来のマルチプロセッサ方式の知能分散型駆動システムを開発するうえでも不可欠な前提条件です。

「TC1766」は、通常の量産車のエンジンおよびトランスミッション制御システム用として開発されました。クロック速度は80MHzレンジで、1.5Mバイトの組み込みフラッシュメモリを備え、標 準パワートレイン・アプリケーション専用につくられた強力な周辺セットを備えています。

「TC1796」は、最大クロック速度が150MHz、組み込みフラッシュメモリ容量が2Mバイトです。「TC1766」よりも周辺セットが拡充されており、き わめて複雑なエンジン管理システムの要件をすべて満たします。

「TC2700」は、卓越したクロック速度を持ち、革新的な駆動システム向けにマイクロコントローラの性能全般をグレードアップさせた製品です。「TriCore-2.0」ア ーキテクチャに基づいており、複雑なアルゴリズムのタスクをこなす強力な演算能力を持ち、最大クロック速度は400MHzです。システム設計者は、「TC2700」を「TC1796」ないし「TC1766」と 並行的に使用するようになると思われます。「TC2700」は、マルチプロセッサ・インターフェイスを介して、「TC1766」ないし「TC1796」とリアルタイムで情報交換できます。

「AUDO-NG」ファミリで最初に市場に投入される製品は「TC1796」で、0.13μm技術で製造され、2003年早々からサンプル出荷が開始される予定です。「TC1766」は 2004年早々から、「TC2700」は2005年から、それぞれサンプル出荷が開始される見込みです。

自動車向けマイクロコントローラ「AUDO」ファミリの情報は下記URLをご参照ください:
http://www.infineon.com/audo

インフィニオンについて

インフィニオンテクノロジーズ(Infineon Technologies AG)は、ドイツのミュンヘンに本社を置き、自 動車および産業分野や有線通信市場のアプリケーションへ向けた半導体およびシステムソリューション、セキュア・モバイル・ソリューション、メモリ製品などを供給しています。米国ではカリフォルニア州サンノゼ、ア ジア太平洋地域ではシンガポール、そして日本では東京を拠点として活動しています。2003会計年度(9月決算)の売上高は61億5,000万ユーロ、2003年9月末の従業員数は約32,300名でした。イ ンフィニオンは、フランクフルトとニューヨークの証券取引所に株式上場されています。

Information Number

INFAI200207.083e

Press Photos

  • New Microcontroller Family from Infineon Technologies Helps Cut Fuel Consumption and Harmful Emissions from Combustion Engines
    New Microcontroller Family from Infineon Technologies Helps Cut Fuel Consumption and Harmful Emissions from Combustion Engines
    Press Picture

    JPG | 494 kb | 2126 x 1535 px