インフィニオンがキングストンと総額25億米ドルのDRAM供給協定を締結

2002/12/17 | テクノロジー メディア

独インフィニオンテクノロジーズは、米キングストン・テクノロジーとの間で、世界のメモリ製品市場における双方の競争力強化を目的とした長期協定(LTA)と、拘束力を持たない合意覚書(MoU)に 調印したと発表しました。長期協定に基づき、インフィニオンはキングストンへ先端DRAMデバイスを供給し、それによる今後5年間の売上総額は最大25億米ドルにのぼる見込みです。

インフィニオンとキングストンは、長年の取引関係を拡大することにより、コ ンピュータシステムメーカーやアフターマーケットの顧客へ向けた両社のメモリデバイスおよびモジュール供給能力の強化をはかります。長期協定に加えて、両社は、キングストンがインフィニオンに対し、受 託生産とバックエンド・エンジニアリングのサービスを提供することを記した合意覚書に調印しました。

インフィニオンのハラルド・エッガース(メモリ製品グループ最高経営責任者=CEO)は、「キングストンとの関係拡大は、市場シェアの確立、主要顧客企業の要求に応じるための生産面の柔軟性向上、さ らにはバックエンド生産能力へのインフィニオンの直接投資を抑制するという点で、当社の能力を増強します。キングストンは、市場での強い地位と、各種モジュールに関するエンジニアリングおよび生産ノウハウを有し、 当社の事業戦略遂行にとって卓越したパートナーです」と、語りました。

キングストンの共同創業者デビッド・サン氏は、「インフィニオンは、技術的リーダーシップと、市場ニーズに対応するために効率的な提携関係を構築する姿勢によって、D RAM業界の国際的なキープレーヤーとなっています。DRAMサプライヤが持続的な成功を収めるための鍵は、競争力のあるコストで高い生産歩留まりを達成することです。インフィニオンは、3 00mm生産技術における圧倒的優位とプロセス技術の不断の革新により、コスト競争力と量産能力を確かなものにしています」と、述べました。

インフィニオンは、同社の国際工場群(ファブ・クラスタ)で生産されるDRAMをキングストンに供給します。市場調査会社iSuppliによると、インフィニオンは、2 002暦年の第2四半期にメモリICメーカーとして世界第3位にランクされています。キングストンは、市場調査の専門家によれば、メモリモジュールの世界最大の独立系メーカーであり、世界各地の工場(中国、マ レーシア、台湾、米国)で顧客企業向けに、メモリモジュールの製造、設計、組み立ておよび試験を行っています。キングストンはインフィニオンに対し、完全所有子会社アドバンスト・バリデーション・ラブス( Advanced Validation Labs Inc.)を通じて、デバイスおよびモジュール認承ためのエンジニアリング・サービスも提供します。インテル社認定の試験施設の一つであるこの子会社は、新 規のダイ・シュリンクやモジュール設計を認承するためのOEM試験条件をサポートできます。インフィニオンにとってこうしたサービスは、新しいコンピュータシステムへのアクセス確保、認承の迅速化、同 社DRAM製品の市場投入期間短縮などの面で助けとなります。

キングストン・テクノロジーについて
キングストン・テクノロジー(Kingston Technology Company, Inc.)は、メモリ関連製品の世界最大の独立系メーカーです。マレーシア、台湾、中国、ファウンテン・バ レー(米国カリフォルニア州)で生産施設を運営しています。また、メモリのパッケージング、試験、物流をサポートするバックエンド加工施設として、ペイトン・テクノロジー(Payton Technology Corp.)を傘下に擁しています。ペイトンの開業で、キングストンは、ウェハ受入からモジュール完成品にいたる、メモリ加工工程を全面サポートできる体制を整えました。キングストンは、商社、OEMメーカー、小 売業者からなる世界3,000カ所以上の顧客企業ネットワークをサポートしています。

ウェブサイト:
http://www.kingston.com

断り書き
当文中のブランド名や商品名はすべて、当該企業の商標ないし登録商標です。

当資料には、過去の事実情報のほかに、リスクや不確実性を伴う展望的見解が含まれていますが、現実の結果は展望的見解と異なることがありえます。インフィニオンテクノロジーズは、当 リリース発表時点以後の出来事や環境、ないしは不測の出来事を反映した、展望的見解への修正をあとで公表する義務を負わないことを、お断りしておきます。

インフィニオンについて

インフィニオンテクノロジーズ(Infineon Technologies AG)は、ドイツのミュンヘンに本社を置き、自 動車および産業分野や有線通信市場のアプリケーションへ向けた半導体およびシステムソリューション、セキュア・モバイル・ソリューション、メモリ製品などを供給しています。米国ではカリフォルニア州サンノゼ、ア ジア太平洋地域ではシンガポール、そして日本では東京を拠点として活動しています。2003会計年度(9月決算)の売上高は61億5,000万ユーロ、2003年9月末の従業員数は約32,300名でした。イ ンフィニオンは、フランクフルトとニューヨークの証券取引所に株式上場されています。

Information Number

INFXX200212.033 e