インダストリー4.0 - 変革が始まった

インダストリー4.0はどのように実現されるでしょうか?

第四次産業革命 と呼ばれるインダストリー4.0では、価値チェーン全体にわたってインターネットに「つながる」スマートなシステムを通じ、生産活動のスピード、効率、柔軟性が高められます。人と機械とが新たな次元でコミュニケーションを行うようになります。

インフィニオンは、 ユーザ として課題を認識し、 サプライヤーとして顧客に導入製品を提供 しています。

インフィニオンの製品とソリューションは第四次産業革命のための道を拓きます。

信頼されるセキュリティソリューション
先進的なセンサ機能
複数のアプリケーションにわたる制御
効率的なパワーマネジメント

インダストリー4.0ではあらゆるものにセキュリティが求められます。

サイバーと物理的システムの間のコミュニケーションにおいては、データ、プロセス、および知的財産を妨害や盗難から守ることが不可欠です。これはハードウェアとソフトウェアベースのソリューションを最適な形で組み合わせることによってのみ実現します。

センサはデジタルの世界で処理するために現実を取り込みます。

現代のハイテク工場においては、産業用センサが処理システムの精度と信頼性の鍵となっています。センサには有効で意味のある、産業界の現場に耐えられるだけの強固さを備えたデータ供給が求められます。

速度、位置、角度、および圧力を測定するための

マイクロコントローラは機械をスマートに制御するためのデータを収集、分析、処理します。

マイクロコントローラはセンサが集めたデータをコマンドに変換します。たとえば機械が迅速、柔軟に対応できるよう、ロボットアームの正確な位置や移動速度などについて機械に「スマートさ」を与え、制御するのもマイクロコントローラの役割です。

効率的なパワー半導体は、システムコス トと環境への影響を抑えます。

スマートファクトリーにある機械やロボットは常に動いています。これらには電力の供給を必要とする無数のモータが使用されています。パワー半導体は効率的な電流フローを通じてエネルギー損失を最小限に抑えます。

世界中の製造拠点がひとつの仮想的なスマートファクトリーを形成します。

生産プロセスに関する情報がそれぞれの拠点の境界を越えて交換され、それによって生産を最適化し続けます。

価値チェーン全体がリアルタイムで自らを最適化

顧客からの要求の変更や原材料の入手状況など、要求の変化は自動的に生産に反映されます。

Customers configure products according to their individual requirements.

企業は常に工場の活用状況を最適な状態に維持し、製造の途中であっても柔軟に対応することができます。

サプライヤーは需要の変化に直ちに対応します。

インフィニオンにおけるインダストリー4.0

スマートに「つながる」生産 により今日すでに達成している成果:

50%
サイクルタイムを削減
プロセスのスマートな制御による成果

10%
生産性を新規設備の追加投資なしで向上 
アルゴリズムが継続的に最適化した成果

80%
自動化レベルを達成
半導体他社では最大でも50%

100万ユーロ
年間エネルギーコストを削減
生産計画自動化による成果

インダストリー4.0は生産現場に変革をもたらします。インフィニオンは2011年以来、Work 4.0をはじめとする変化に向けて準備と従業員のトレーニングを進 めてきました。

お問い合わせ

*必須記入項目