モノのインターネットの台頭

「モノのインターネット」(IoT)は、この時代で最も重要なテクノロジートレンドの1つであり、企業と消費者の互いの関わり方や、周りのインフラとの関わり方に根本的な影響を与える可能性があります。物理的世界と仮想世界が、IoTによりかつてない形でつながります。人や場所、クルマ、コンピュータ、家電、生産機械などの物理的な「モノ」に、電子システム、ソフトウェア、センサーが組み込まれています。

これにより、接続性とインテリジェンスに新たな次元が加わり、社会と経済に大きな影響を与えています。IoTは、生産現場においてエラーが発生するずっと前にエラーを予測することを可能にし、運転をより安全かつ便利にし、家庭とビジネスの両方で大幅な省エネにつながります。市場のいたるところでビジネスに利点をもたらし、新たな消費者体験を生む革新的なビジネスモデルが次々に登場しています。

モノのインターネットの成長速度

出典:IDC/ Gartner /HP

UN/ITUブロードバンド委員会によると、ネットワークの利用者数が2020年までに最大で50億人に達する見通しです。IDCによると、IoTの端末やシステム数は年平均17.5%のペースで成長し、2020年には281億に達します。年間に発生するデータ量は、同年40ゼタバイトに達すると予想されています。同時に、IoTソリューションの世界市場は、2013年の1.9兆米ドルから、2020年には7.1兆米ドルに年平均20%で成長すると予想されています。

IoTの持続可能な成功は、スマートで安全、そして電力効率に優れたモノにかかっている

スマート スマート化により、接続されたモノはデータを送信し、受信したデータに対応できるようになります。物理的な物をサイバー化するには、センサーやプロセッサ、セキュリティコントローラ、アクチュエータなどの電子機器を組み込む必要があります。これらにより、センシング、コンピューティング、アクチュエイティング、コミュニケーションが可能になります。

安全 接続の数が多いほどIoTの脆弱性が高まります。ハードウェアベースのセキュリティは、詐欺や外部からの操作を防ぎ、データとデバイスの完全性を監視しますが、セキュリティにはシステムの機能性と可用性も含まれます。適切なハードウェアを使用することで、接続の安全性が増し、IoTへの信頼が生まれます。

優れた電力効率 IoTに常時接続された状態を維持するため、デバイス、マシン、車両は常にONの状態になっています。しかし、常にONの状態の接続性は電力の無駄遣いです。インテリジェントで効率的な電力管理はIoTにおける重要な課題です。

IoTの持続可能な成功に最適なテクノロジー

IoTも今ではさまざまな場面で実用化されています。毎日新たなモノがIoTに接続され、企業は革新的なIoTアプリケーションを市場に投入しています。しかしながら、IoTはまだ生まれたての技術であり、真の経済的価値は今後明らかになるでしょう。IoTの持続可能な成功に必要なのは、お客様に真の価値を生み出す業界毎に特化したビジネスモデルです。

最適なテクノロジーがIoTのビジネスモデルに息を吹き込み、使いやすさと、信頼できるパフォーマンスとセキュリティをもたらします。技術的な観点では、各業界のIoTビジネスモデルはデータのスマートな集計と解釈に基づいています。デバイスレベルでは、センサー、プロセッサ、セキュリティ機能、アクチュエータを搭載したインテリジェントオブジェクトが、データを収集、分析、調整、確保し、必要に応じてアクションを起こします。クラウドレベルでは、個々のインテリジェントデバイスの情報が集計されます。利用可能な情報は、定義されたユースケースに従いさまざまなアプリケーションで処理されます。

技術的な観点から、3つの必須要素がIoTを持続可能な成功へと導く

IoTの持続可能な成功は、インターネットに接続された「モノ」がスマートで安全、そして電力効率に優れていることにかかっています。スマートな「モノ」は、必要なデータを送信し、内部または外部のソースから受信したデータに適切に対応します。最適なセキュリティは、企業とエンドカスタマーの信頼を得るために必要です。セキュリティ攻撃、故障、データ完全性の喪失から守るだけでなく、ビジネスモデルを保護し、多額の損失を被るのを防ぎます。
セキュリティ面では、デバイスの保護、詐欺や外部からの操作の防止、データとデバイスの完全性が重要なポイントになります。優れた電力効率は、物に息を吹き込み、内外からのインプットに敏感に反応し、信号を生成し、互いに連動できるようにするうえで重要な要素になります。常にONの状態の接続性は電力の無駄遣いです。広範なデバイス接続性に必要とされる電力は、最もエネルギー効率に優れた方法で生産、管理、供給する必要があり、これらのネットワークデバイスすべてのパフォーマンスを最適化する必要があります。

IoTでは統合がすべてです。スマートで安全、電力効率に優れた機器を実現するうえでも、ハードウェアとソフトウェアのコンポーネントをいかに統合するかが重要になります。コミュニケーションインターフェースを通して、さらに広範囲にわたる統合も行われます。個々のコンポーネントの品質は、使いやすさ、信頼できるパフォーマンスとセキュリティの点において、IoTソリューションの品質に直接影響を及ぼします。

スマートなモノ、スマートなシステム、スマートなサービス – IoTバリューチェーン全体の最適化

IoTの持続可能な成功に必要な3つ目の技術的要素は、IoTバリューチェーンの3つのレベル—スマートなモノ、スマートなシステム、スマートなサービス—すべてにおけるシームレスな連携です。

たとえば、スマート工場の環境(インダストリー4.0として知られています)においては、RFIDタグ、PLC、センサー、インテリジェントハイパワーモジュール、産業用マイクロコントローラなどのスマートデバイスが導入され、製造および供給システムの自動化が図られています。これらのシステムは、機械によるセルフモニタリングやセルフメンテナンス、部品やコンポーネントのシームレスなトレーサビリティ、ジャストインタイム生産、パフォーマンスが最適化された電力消費といった、新たなインテリジェントサービスを可能にしています。